日記とオーディオネタ
by conrans
<   2007年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
トップ▲
2007年 09月 30日
並んでます。
朝の5時です。夜更かしではなく早起きですン。
今日はチビランズ1号の運動会。
2号~4号の運動会に行けなかった拙者は早朝からビニールシートを持って場所取りなんぞという責務をおしつけられました。

場所なんて空いているところでええやないの、が通用ぜず、シトよりも少しでもナイスな場所でわが子だけを見たい、などという恥ずかしい行為の片棒を担ぐことになりました。

やれやれ。
[PR]
by conrans | 2007-09-30 05:02 | つぶやき トップ▲
2007年 09月 29日
ウデ
夜もビージネスでオサン一人せなを丸め、腹を突き出しラーメンステーションに佇んでいる夏の終わり。絵にならぬ。
ま、夕食がラメンとはハッピなコトかどうかは別にして、ラメン店の呼び込みのおねいちゃんがすっかりオバチャンの道案内になっていて苦労している。みんな頑張っているン。
夕食時だがどの店も閑古鳥が鳴いていて伊予国マルクスラーメン主義の一つの拠点の早くもの衰退を見たようでちと辛い。
暖簾をくぐるは「平太周」
貸しきりだ。オロロ。
しょうゆラーメンを注文し、しばし目を閉じビージネスのことを案じ、目を開けたらムムム、視線の向こうに段ボールがあるのだが、品名「ウデ」とある。
e0047038_728738.jpg

「ウデ」?
ウデデーウデウデデーはちびまる子ちゃんだが、あっあれはウダダーか、何だ?
豚骨スープ用の豚のウデ?
豚の前足2つをウデと呼ぶのもちと不自然で、後ろ足2本はアシとでも区別されているのか?いやあそんなことはあるまい。
と調べると部位に前足の付け根の肉を「肩」または「ウデ」と呼ぶことが分かり気が晴れた。固く脂肪が少なく長時間煮込むのに適した部位のようだ。
とゆーことで前々回ココのはチャーシューじゃなくて煮豚と書いたが、正確には「煮ウデ」であった。
さーてきました!「平太周」のしょうゆラーメン。
e0047038_7281983.jpg

皆様、このフォートで???とくるシトは鋭い!!
そうなのですよ。顔面○○じゃないのですよ。

ちなみに、このように器が美しい普通のラーメンをご要望の場合は食券を出した後に大きな声で「中出しで!」と言ってみてください。
[PR]
by conrans | 2007-09-29 07:28 | 外食 トップ▲
2007年 09月 28日
マルクスレーニン主義
チビランズ達の誕生日は8月か9月。これはいったい・・・。
ってなことでチビランズ1号の誕生日だ。
e0047038_6494030.jpg

で、バースデーケーキはどうだ!の東京のルジャルダンブルー福田シェフ作。
ショコラアロマに一瞬気を失いそうになるケーキだ。ウマイ!
そんなチビランズ自慢はさておき、お昼に久々に愛媛と香川の県境のラメン店「一源」へ行った。
ココのチャーシューはいわゆるトントロで拙者好み。オーダーもしょうゆチャーシュー。
e0047038_6505452.jpg

バランスのいいスープで角の取れた円熟の味だ。ストレート麺との相性もバッチリ。
あ~うまいなあ~~。
しかしどこへ行ってもラーメンを食ってハッピな拙者は、マルクスレーニン主義は死んだがマルクスラーメン主義の時代だな、などと思ったりした初秋。
まだ彼岸花が咲かぬ彼岸明け。

マルクスラーメン主義のみなさま、元気ですか~~~!!
口と胃ばっかり動かさず、この秋は下半身も動かしてくださいよ~~~!!
[PR]
by conrans | 2007-09-28 06:52 | つぶやき トップ▲
2007年 09月 27日
エフユーアールユーSTYLE
ほんとに暑かった長い夏がなんとなく終わりそうだ。
山形では40.8度。熊谷と多治見で40.9度。
抜かれた山形は悔しがりもっと暑くなれと天を仰いだ、などと訳が分からず、もはや熱帯地方のニポンだった。
しかし、拙者の夏はコレで超快適だった。
e0047038_6544999.jpg
ジャスコで2000円の竹シーツである。
敷布団の上にコレを敷いて、寝るのだが、竹がひんやりとしてジツに心地いい。
最初は寝巻きで寝てたのだが、よりヒンヤリを体感したく下着だけになり、とうとうFURUCHIN(エフユーアールユーシーエッチアイエヌ)で寝るようになった。
不眠症の拙者もコレとエフユーアールユー・・・・でぐっすりと眠れた夏だった。
しかし不安なのはエフユーアールユー・・・・スタイルが体に染み付いたことだ。
もうやめられない止まらないのである。
涼しかった昨晩やめようと思ったが、無意識にやっていた。

いやはや無意識に股間を触る変な癖がついた小さな男の子がいるが、そんな感じだ。
来月には旅館4人部屋宿泊なんぞもあるのだが、それまでには直したいなあ。
コンランズ君のイビキが凄くて、ならシャレにもなるが、FURUCHINで寝ながら転げまわられるのはちょっと、とかはけっして言われたくないものである。
[PR]
by conrans | 2007-09-27 06:54 | つぶやき トップ▲
2007年 09月 26日
ヘドバとダビデ
デジタル技術はデータベース化速度を飛躍的にあげた。
インターネットでは「あなたはコンランズさんですね」「あなたはズバリこれが好きでしょう」「あなたが興味がもったモノに興味があるシトはこんなものにも興味をもっています」とかデータベースが中々騒がしい。
APPLEのituneでも唐突に「○○歳が聞く音楽」というバナーが画面に出た。
ほほ~また騒がしいの~と思いつつ右手人差し指をちと動かす程度なのでクリックすると出ました!
1.天使の誘惑(黛ジュン) 2.涙の太陽(安西マリア) 3.ナオミの夢(ヘドバとダビデ) 4.人形の家(弘田三枝子) 5.ゆうべの秘密(小川知子)・・・・
久しぶりのそんなバナナ!!
e0047038_771788.jpg

知らない曲ばかりじゃないが拙者より10歳は年上にシト向けじゃないの?と思う曲たち。
と思いつつコンピューターデータベースがこう言っているんだからヘ拙者の年代はドバとダビデかあなどとへこみつつも、安西マリアはなんとか知っとるぞと手をユラユラ動かしてギ~~~ラギ~~~ラ太陽が、などと思い出して歌ったりしてみたン。
もしかしたら世間的にはこのような年なのかもしれぬと思いつつも、拙者の最初に買ったドーナツレコード(シングル盤ね)は「おーちんちん」by ハニーナイツだった恥ずかしい過去を思い出した。
確か大ヒットだったから買ったんだと思うがすでに手元には無い。
「おーちんちん」を聞きたくてもCDやituneでは売ってない。
ただ、あの頃は「おーちんちん」なんて曲が流行るくらいとてもいい時代だったんだなあとしばらく感慨にふけったのであった。
[PR]
by conrans | 2007-09-26 07:07 | つぶやき トップ▲
2007年 09月 25日
タワー10月いっぱい
8月9月は祝日が多いのだが、祝日休日もビージネスがあったりするン。ウレシ。
今日も祝日だが午前中だけビージネス。
で、その後ラフォーレのタワーレコードへ行った。
買いそびれていたMalene Mortensenの「MALENE」探し。
e0047038_733048.jpg

閉鎖が決まったラフォーレは10店舗位しか残ってなくガラ~~ンと寂しい限り。
ゆめタウンがあるような田舎県とは違い、伊予国は都会じゃけんラフォーレよ、ガハハと雄たけびを上げることも出来ないのか・・・。
エレベーター前にはタワーレコードも10月いっぱいの告知。とても残念だ。
e0047038_734571.jpg

CDは今やネットで十分大満足に購入できるが、お店も楽しい。
店員さんが手書きで書くPOPも魅力的だし、多くのCDに囲まれての、新しい出会いや思い出との再会などもある。なによりCDを手にとれるのがいい。
タワーは去年アメリカ本国で破産した。
小さな輸入レコード店しかなかったあの頃、渋谷にドドンとタワーレコードができた時の衝撃は凄いものだったし、その影響力もとても大きかった。
それがかえってネットビジネスに出遅れた結果にもなった。
しかし、コンビニ数件無くてもええから、タワーはあって欲しい!!(コンビニ関係者様すみません)
買ったCD片手に歩いているとこんな張り紙。
e0047038_772135.jpg
チャンスが無くて行けてなかったラメン店。
まだ数ヶ月でリニューアルのようだが、何と時代の性急なことか。頑張って欲しい!

終点市駅でまたまた「平太周」
nomchanさんから味噌もいけるで~と聞いていたのだ。
休日だからか厨房に3人のヤーングスタッフ。
拙者のほかに綺麗な格好をした若い女性2人組が勘違いで来店中。
若い女性2人組だからかヤーングスタッフも気合を入れてちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっ。
若い女性の一人がちゃっちゃっを見て「凄いね・・・」
頭の中で若い女性客とちゃっちゃっがレイヤーしごちゃまぜになったお昼時。
拙者も若い女性に「凄いね・・・」と言わせたい。
e0047038_782986.jpg

味噌は上等の味。なぜか煮豚が薄かった。
[PR]
by conrans | 2007-09-25 07:09 | つぶやき トップ▲
2007年 09月 24日
鯛めし
三津の鯛めし屋さんが閉店するとかゆー噂があって、ううむ、これは行っておかなくてはなどと思いつつ「みうら」へ向かった。
女将さんが「鯛めし炊いとるんよ~食べる?」などと言う。
うへ~~バウバウ(食う食う)。
なんとゆーナイスタイミングなのだろうか。
ってなことで「鯛めしおにぎり」だ。
e0047038_7312810.jpg
これはローソンにも売ってないおにぎりであって、釣りたての鯛で作ったスーパーハイエンドおにぎりだ!
ぱくぅっ、う、う、う~~~
みうら久々のnomchanと「鯛めしおにぎり」に悶絶しつつ「ホルモンラーメン」を注文する。
さ~きました。
e0047038_7314314.jpg
イリコの香りにヌルルのホルモンがタップリ。残暑にピリ辛が絶妙だ。
拙者にとってココは日常なのだが、いつも楽しませてくれる唯一の隠れ家でもある。
この夏はいろんな菜単が出来進化したが、秋冬はどんな風になるのか楽しみだなあ。
[PR]
by conrans | 2007-09-24 07:30 | みうら トップ▲
2007年 09月 23日
B&W「ZEPPELIN」
これはナイース!
B&WのiPod用スピーカーシステム「ZEPPELIN」。
e0047038_7405646.jpg

アメリカのアップルストアでは599.95ドルですでに売っているのだが非常にソソラれる。
音質など所詮iPodの圧縮音だし、価格も日本では7~8万円をつけるだろうからアホらし、なのだろうが丸っこいリモコンも含めてiPod用スピーカーの中でも群を抜いてデザインがいい。
iPodと同様に背面が鏡面ステンレスなのも雰囲気満点だ。
女子の部屋にコレがあればとても小粋だろうなあ。

25mmのアルミドームツイーターに90mmのミッドレンジ、125mmのベースユニット。ノーチラスのコンストラクション技術を生かしたというのもまんざら売り言葉だけではない魅力がこの「ZEPPELIN」にはある。

惜しむらくは拙者のiPodは赤なので「RED ZEPPELIN」という赤いのを洒落も含めて出してくれれば即カード決済ボーナス払いな点だろうか。
色が黒しかないからなあ~。でも聴きたいので誰か買ってちょんまげ。
[PR]
by conrans | 2007-09-23 07:41 | オーディオ トップ▲
2007年 09月 22日
江戸式中華そば
お江戸の食事も充実のうちに幕を閉じた。
時系列では逆だが帰路のANAの搭乗口のそばにラーメン屋があった。52GATE。へえ~
e0047038_6482034.jpg
しょうゆっぽいいい香りがするなあ~と近寄れば「ちばき屋」とある。
搭乗口にもラメン店ができる現代に生きていることを実感する。
ううむ、昼は食ったばかりだがしょーがないなあ。ギャル曽根をちと見習う。
煮卵入り醤油ラーメン950円をオーダー。
e0047038_6483798.jpg
スープは醤油味でジツにあっさりとしていてちと缶詰っぽさも感じるものの秀逸。これに細い縮れ麺がからむ。ううむ中々ウマイ。
昨晩深夜にも新宿まで出かけて「桂花」でターローメンを食べたばかりなのだが・・・。
e0047038_6485839.jpg
しかし昨晩のターローは抜群だった。スープも熱々でステーシーのステージを観た気分の高揚を差し引いても旨かった。
死ぬ前に一杯選ばせてやると神に言われれば思わずターローを指名するだろう。
そういえば昼に銀座のスパイスピエロなるこれまた札幌から進出している「スープカレー専門店」で「柔らか骨付きチキンのスープカレー黒」を食った際にカレーをシャツに散らしてしまった跡がそのままだ。
e0047038_6491613.jpg
このスープカレー店は黒、赤、白、緑からカレーをチョイスできるようになっていて黒を食べたのだが、スープカレー本来の旨さは赤じゃないかと思った。
ビージネスの間をぬって昼食食いにやってきた銀座だがジツにいい女が多い。
お洒落で知的で格好いい女をただで見れるのだからいいマチだ。
拙者も短い足をすっ~と伸ばして歩いてみた銀座。
[PR]
by conrans | 2007-09-22 06:49 | 外食 トップ▲
2007年 09月 21日
静かに深く・・・
お江戸出張なのだが酷い残暑なんぞなんのその、楽しみな出張。
銀座?歌舞伎町?いいえっ、東京駅であります。
しかしここのところの東京駅周辺の再開発のスケールと素晴らしさにはワールドワイドワンダホーで圧倒されるなあ。
そんな東京駅近くの東京国際フォーラムにきたン。
今日から4日間開催される東京JAZZ2007の1日目だ。
といっても当日券でギリギリの飛び込み参加である。
出張の何も無い夜がたまたま東京JAZZの初日という。
そしてな、な、なんとステーシーケントが出演するのだ。神様ありがとう!
まずは「デューク・エリントン・オーケストラ」で幕が開いた。サテンドールやキャラバン、センチメンタルムードやムードインディゴなど著名曲を楽しく演奏するが、拙者にとっては前座である。
続く「レ・フレール」なる兄弟のブギージャズピアノもとても楽しめたが前座2だ。
さ~て、いよいよSTACEY KENT嬢と同じ空気を吸う瞬間だ。
新譜の1曲目「ICE HOTEL」・・・赤いショートカットでとてもキュートなステーシーが登場した。あっけなく失神した。
e0047038_8483038.jpg
あの、憧れのステーシーが動いている歌っている生きている。うお~~~~。
ささやくようにつぶやくようにゆれながらほほえみながら歌う。
派手さや乗りなど皆無でバラード中心の曲構成。
静かにしかし深く体中にステーシーの歌が染み渡る。
大きな会場の大きなステージの真ん中にちょこんとバンドが集まっての演奏だ。
ジョアンジルベルトのような世界観を感じる。
新譜の曲の間に「Say It Isn't So」「BOY NEXT DOOR」「You've Got A Friend
」などの悶絶曲をはさみ、しめは 「What a Wonderful World」
呆然として立ち上がれずステーシーの残像を追っていたら「小曽根真」が始まった。
夜の7時に始まり11時30分に終了。
明日はジョーサンプルやキャンディーダルファー。
あさってはボブジェームスやリーリトナーなど大物が登場。
こちらはズコズコノリノリなんだろうななどと思いを馳せつつ伊予国に戻るのであった。
TAKE ME HOME ANA!
e0047038_8492115.jpg

[PR]
by conrans | 2007-09-21 08:49 | 音楽 トップ▲