日記とオーディオネタ
by conrans
<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
トップ▲
2007年 04月 30日
はまんど制覇?
はまんどに再びきたんど!ということでやってまいりました。
e0047038_785993.jpg

1時30分になろうというのに満席でうどん王国の中、大人気。
前回は長男のはまんど2だったので、親父さんの「中華そば」を食べようというわけだ。
e0047038_794184.jpg
メニューに「伊吹のイリコ、小魚のスープに昔ながらの地醤油が香る。熟成の細麺」とある。500円也。安いな~。うどんが安いのでラーメンも安いようだ。
壁を見ると、「香水をつけた方の入場禁止」とある。
e0047038_791338.jpg
う~む、寝てみたい~~、違った、そのとーりだ。
さ~て、来ました。
e0047038_792336.jpg
ずるずーる。ほほ~~うまい。鶏の油に魚介系の出汁が香る。細麺もしっこり茹でられていい感じでズルズルいく。但し、塩気がジツにきつい。半分でいいくらいだ。
讃岐国はうどんもしょっぱいので、塩味がきついのか、はたまた「はまんど」というくらいなので浜の塩味なのか分からぬが、醤油風味はなく塩味だ。スープは完飲できず。

Tさんは、10分くらいでたぶん、次男さんのやっているラーメン店があるんですよ!とおっしゃる。是非はしごろうではないか、とゆーことではしごる。
「麺・虎右エ門」
e0047038_79548.jpg

店内はオープンキッチンのカウンターと個室がある居酒屋風で、夜は居酒屋の様子。
メニューは「はまんど」と似ているので、こんどは「3種の地粉を使ったかん水不使用の塩と卵の麺」という「讃岐そば」を注文。ここはそれぞれのラーメンに「脂入り」「脂無し」が選べるようで、今更ながらケンコーのために脂無しを注文。
Tさんは「熟醤油ラーメン」を注文。
e0047038_710109.jpg
カウンター越しにとても、丁寧なご主人の仕事ぶりが見えて、おっ、器を暖めた。カメから醤油だれを入れた、湯切りも気合十分、などと楽しい。さ~て出来ました。
e0047038_7102179.jpg
ずるる~~~。ほほ~スープはほとんど「はまんど」で、脂が無い分あっさり、だが、やはり塩が強い。麺は平打ちでしこしこもちもちで旨い。夏場の塩気を体が欲している時以外ではちと塩が強くないか?と思ったが、多分、これが讃岐国のスタンダード。
Tさんの「熟醤油ラーメン」は背脂とラードたっぷりで、甘い醤油味の濃い独特の味。ちと「荒神」のラーメンと似ていた。

今回は、親父さん、次男さんと食い、これで全店舗制覇したのであった。
余は満足じゃ!
[PR]
by conrans | 2007-04-30 07:10 | 外食 トップ▲
2007年 04月 29日
クロック機器聴き比べ。
クロック機器聴き比べ、ということで讃岐国へ行った。
1)ESOTERIC G-0s
2)ESOTERIC G-03X
3)ESOTERIC G-25U
4)ANTELOPE OCX
*)外部ルビジウムクロック

e0047038_7271285.jpg
電源ケーブルはELECTRAGLIDE「SYNAPSES-2」
クロックケーブルはNORDOST「VALHALLA」
これをESOTERIC P-0sにWORDSYNCする。

e0047038_752897.jpg音源はお洒落にPARISMATCH「Our Favourite Pop」
呑志君から教えてもらい、最近はまっている。
7曲目「A WOMAN NEEDS LOVE 」
9曲目「ARTHUR'S THEME (BEST THAT YOU CAN DO)」をセレクト。
高域の広がりとベースの解像度、ボーカルの色気などをチェックした。
どれも44.1khzでの比較。


「G-03X」から聴く。自然な感じで音が広がり、バランスの良さを感じるが、はたしてクロック無しから激変とはいえない印象だったので、クロックを外してみると、確かに音が正確になり、もともとの音質を変化することなく、底上げしている。なるほど。
「G-0s」に変える。おおっ、音が大きく変化して滑らかさをもってくる。まさしくルビジウムという印象のとろける感じが出た。低域は押し出しが強くなるが、分解度は今ひとつ。
「G-25U」を聴く。「G-03X」よりも音を軽く出す感じで、滑らかさよりもクッキリした印象がある。「G-03X」のほうが自然な感じでいい。
「OCX」筐体が小さい。この機器は機器内でサンプルレートを上げられ192khzにアップサンプリングして44.1khzで出力ができる。44.1→44.1ではあまりにもオヨヨなのでアップサンプリングしてみると、中々闊達な印象の元気な音になった。ただ、クロックで正確になる印象は少なく、音のスピードも遅く感じる。4台の中では一番印象が悪い。
e0047038_7272638.jpg

この段階で拙者の印象は「G-0s」>「G-03X」>「G-25U」>>「OCX」

この後、何度か聴きこんでいくうちに「G-0s」の音の変化はわざとらしく、やはり低域のもたつきが気になってくる。
「G-0s」と「G-03X」は一長一短で、ボーカルなど中高域の滑らかが素晴らしい「G-0s」=音の自然さとバランスが素晴らしい「G-03X」という感じだ。

さて、続いて「外部ルビジウム」を「G-03X」に繋ぐ。
さらに音は正確さを増す印象で、ボーカルのエッジなどが滑らかさを表現し、とても素晴らしい。良くなる。
「外部ルビジウム」を「G-0s」に繋ぐ。
ガチョーン。素晴らしい!麻薬的に痺れる音になった。もともとルビジウムを積んでいる「G-0s」なのに外部ルビジウムでこれだけ良くなるとは思わなかった。
この「外部ルビジウム」+「G-0s」は「G-0s」単体の低音の塊も分解して、悪い部分を補い、有り余る魅力的な音を出して驚いた。これは欲しい、が、無理だ(笑)
これなら、素の「G-0」に「外部ルビジウム」というのが一番コスト的にいいのではないかなどととらぬ狸の皮算用である。

ただ、「G-03X」も単体ではコストパフォーマンスに優れ、今の音質を激変させる感じではなく、底上げする自然さでこちらが素晴らしいというシトもいるだろう。
誰あろうTさんだ(笑)
また、「外部ルビジウム」は別電源の効果か、素晴らしいパフォーマンスを聴かせてくれたこともウレシかった。

99.9999999%(9N%)のシトには全く関係のないハナシであるが、何かの参考になれば幸いだ、ハハ。
[PR]
by conrans | 2007-04-29 07:28 | オーディオ トップ▲
2007年 04月 28日
女がベッドに・・。
女がベッドにはいって来て、朝まで寝かせてくれなかった・・・などと言うと、ウッシッシなのだが今朝はホントに女が眠らせてくれなかった。

深夜、その女は、泣きながらベッドにはいってきた。
訴えたのは嘔吐下痢症。
チビランズ1号だ。
がちょ~~ん、いま何時よ、と思ったが、頑張れ頑張れと励まして、タライにゲボゲボやっている背中をさすって数時間がたったが嘔吐がおさまらぬ。
朝になったら病院へいかせようと思ったが、あと1年頑張れば、学校でたった1人の6年間皆勤になるらしく、どうしても学校へ行きたい、と吐きながら訴える。

ということで、4時に救急病院に行き、点滴をしてもらい、なんとか治まり、学校へいけた。めでたしめでたしだが、拙者一睡も眠らずであり、こんな日は予定も夜までビッシリ。
頭の中にスモークオンザウォーターをこだまさせ、わが身を奮い立たせてビージネスに勤しむ徹夜親父ミスター隈次郎であった。オロロ。
[PR]
by conrans | 2007-04-28 06:59 | つぶやき トップ▲
2007年 04月 27日
システムダウン
ああ~また愛する店のOSがぶっ飛んだようだ。オロロ。
e0047038_753526.jpg
システムダウンですっかり意気消沈した拙者はとぼとぼと、近くのラメン店にはいり、新作というラメンを注文。
濃くてクッキリ分かりやすい味。
e0047038_754856.jpg
オデオでいうとミニコンポの音だ。
なめらかで、深く、繊細な音がさらに恋しくなる昼下がり。
本日は、復旧してますように。
[PR]
by conrans | 2007-04-27 07:54 | 春光亭 トップ▲
2007年 04月 26日
歌舞伎町の帝王
清純なギャルは最も近寄ってはいけない町「歌舞伎町」
e0047038_739092.jpg
この町では欲望という欲望をすべて商売のカタチに変えている。
今回の出張は銀座や六本木でディナーではなく歌舞伎町方面でディナーだ。
正確に言うと、歌舞伎町手前でディナーである。
「桂花ラーメン」
e0047038_7391680.jpg

東京でも色々ラメンを食ったが、やはり帰ってくるのはこの店だ。
学生のときから通いつめているので、もう太肉を豚一頭くらいは軽く食っているはず。
「ターロー」と暗くつぶやき1000円札を出す。事前精算注文方式。
ココのマー油はブラウン色でとてもいい香りで、濃くてコクのある、ある意味分かりやすいスープでウマさの押し出しが強い。この風味の強さと角切りのキャベツのみずみずしさが「太肉麺ターローメン」の真骨頂だ。
e0047038_73951100.jpg
ずるる。濃い味だが全部飲み干せるスープに固いストレート麺が絡み、、あ~~ねてみたい~~、などと古いCMのように体がくねる。
ジツ~~~にうまい。はう~~あ~~~ん。
ということで、いつも歌舞伎町手前で昇天する拙者は、そそくさと駅までUターンし、大満足で宿に戻るのであった。
[PR]
by conrans | 2007-04-26 07:40 | 外食 トップ▲
2007年 04月 25日
蒲田・インディアン
江戸出張も疲れるン。
銀座、西麻布、六本木でビージネスなわけもなく、西日暮里、蒲田が現実だ。
ちょうどお昼時に蒲田駅。
ココは町工場とズロースのまちで、駅前でズロースを売っている。
オギャーと生まれた女の子は、紙おむつ→パンツ→パンティー→ズロース→紙おむつと巡回し一生を終える。なんのこと?
向かった先は「インディアン」蒲田店。
1950年創業という蓮沼に本店がある支那そばとカレーの専門店だ。
難波にもインデアンというカレー洋食店があるが、小さな「ィ」がつく関係ない店だ。
e0047038_691613.jpg

20年も前のことだが蓮沼本店で、ラーメンと注文したお客に頑固な親父さんが「うちにはラーメンはないよ!」と言っていたのを思い出す。もう代も変わっているだろう。
拙者にとっては青春の味なのだが「支那そば」よりもむしろ「カレー」に悶絶した記憶が強い。
さ~て注文は支那そば+半カレー¥1000のセット。by nomchan.comだ。
まず、支那そばが出てくる。
e0047038_693089.jpg

魚介と野菜の澄み切ったスープはほんのり薄口の味付け。
逆にチャーシューやメンマにはしっかりと濃口の味付けがしてある。
麺をすすりつつ、スープを飲み、チャーシューを味わえば、口の中で珠玉のハーモニーを奏で、うっ、とうなったまま、その風味をのがさまいと、黙々と食べ続けてしまうほどのノンストップのウマさである。
8割がた「支那そば」を食べたところで「古式・半カレー」が出てきた。
e0047038_694640.jpg
辛さよりも苦味というか独特の風味。こちらも味付けにパンチがあるというよりもライスと一体になり、とても不思議な風味になるというバランス作品。
う~む。しかし、この60年近く変わらぬ味でファンを魅了し続けているのは、素材と仕込みに手抜きがないからだろう。
食べながら、拙者も手抜きビージネスなどしては駄目で、考え方をしっかり持ち、こつこつ基本に忠実にやっていきたいと思ったお昼時。
顔を上げると、松井のサイン。奴も来てたのねン。
e0047038_695887.jpg

60年の歴史は伊達じゃない。
[PR]
by conrans | 2007-04-25 06:11 | 外食 トップ▲
2007年 04月 24日
G-03X
Tさんと電話でハナシた。
G-0s、G-03X、アンテロープOCXを試聴したそうだ。
拙者もデジタルケーブルVALHALLAとAET+電源ケーブルSYNAPSES2をお貸しし、この比較試聴を興味深く見守っていたン。
そのハナシの途中経過をちょっとだけ書く。
e0047038_638302.jpg

Tさん宅ではなんとG-03Xに最高の軍配が上がった。
んん、G-0sがルビジウムで時計的に優れているはずだがなぜ?
元祖OCXのアンテロープOCXがオヨヨなのはなぜ?
G-0sのトランスが変に音を悪くしているのではという推察。
中低域の押し出し感あるがG-03Xのほうが正確な感じだそう。
esoteric開発陣が、アンテロープOCXよりもいいものを開発しようとしたのだろう。
なるほど。
使いこなしにも対応しそうなG-03Xが予想外のパフォーマンスを聴かせるというのだ。
44.1khzはもちろん88.2khzにしても音は薄くならず、むしろ88.2khzの方が良いソフトが多いようで、クロックの効果を十分に味わえるようだ。
デジタルケーブルにも感度ビンビンに反応し、AET、ヨルマデザインはオハナシにならず、やはりVALHALLAに止めを刺すとのこと。
逆に電源ケーブルはなんと標準品でも結構いける。
G-0rbがどうだかは分からぬが、G-0sよりもG-03Xがナイースなコトでまた悩むシトも出てくるだろうな。

いずれにしてもいいデジタルケブルが要るので金はかかるが、WORDSYNC接続ができるESOTERICやDCSをお使いの方は十分G-03Xがその金額の効果があり、かなり遊べるというわけであります。拙者のようにWORDSYNC接続ができぬ機器をお使いの諸兄はG-25Uでチマチマ遊びましょう!
99.9%の方には不必要なハナシでした。ではまたよろしくお願いいたします。かしこ。
[PR]
by conrans | 2007-04-24 06:39 | オーディオ トップ▲
2007年 04月 23日
Fさん邸オフ会
今週末は久しぶりぶりに岡山Fさん邸を訪問。
いつものオデオ仲間、Tさん、熊さんと一緒だ。
Fさんはここ数年、輪廻転生急上昇急下降のオデオライフをしてたが、今年に入って、スピーカーをウイルソンオーディオのSOPHIA2にし、CDTをP-0sに変更し、重高長大でどっしりとハイエンド機器長者になった。
音も落ち着いてきたというので、ちとひやかそうと仲間で集まった。
e0047038_7432097.jpg

前回のAVALONのセラミークが超オヨヨだったが、一昨日SOPHIAをSISで聴いた拙者は、その良さを認識していて、期待して張り切ってたくさんのCDを抱えて行った。DAC~AMPはスペクトラル。ケーブル類はMIT中心だ。
バランスの良い、素晴らしい音が飛び出してきた。うん、これこれ!久しぶりにFさん邸で聴くマトモ(失礼)な音だ。一発のウーハーはスピードも速く、すべての音速がきちんとそろっている感じだ。
デジタルケーブルを持ってきてくださいというコトで、AETとNORDOSTのヴァルハラを持参。ヨルマデザインとNORDOSTを交換して、迫力のヨルマ、繊細はNORDOSTを確認したり、エレクトラグライドの新作電源ケーブルSYNAPSES2で驚愕したりしてあっという間の楽しい時間であったン。
拙宅の蚊のなく音をしばらく聴かなくていいように、持参のほとんどのCDをナイースな音でたっぷり聴かせて頂き、コンランズさ~ん、まだ試聴終わらないの~などといわれるほど、ソファーの真ん中に腰を落ち着け続けたのであった。
しかし、ケーブルとは恐ろしく、1本駄目なケーブルがあってもそれが全体の足を引っ張るコトもよく分かり、Fさんもまだまだケーブル資金の必要性の現実に呆然としていたが、オデオは人なりでもあるが、お金がいるものでもあるので仕方が無いことだ。

あ、そうそうお昼は岡山の「みうら」ともいうべき「八方」へ行ったン。
e0047038_7434014.jpg
e0047038_7435663.jpg

老若男女で賑わう大人気店で、ラメンやお好み焼きを食らいながら、女子高生を見学したりして、これまた満足。
ラメンは「瓢系」マエナス「甘さ」ってな感じのあっさり動物系の薄口醤油味で、親しみ深い味でうまい。みんなコレを食べていたので名物なんだろう。ぜひお近くを来訪の際はどうぞ!
e0047038_7441354.jpg


さて、オデオのことだが、拙者のようにディナのC2という低音の出ない、いや、低音の無いスピーカーを使っているモノとしては、ボワボワな低音は要らぬのだが、このSOPHIA2のように、迫力とダンピングのあるハイスピード低音は、ないものネダリで欲しいものである。色気のある中高域も魅力的で、強盗しようと思ったくらい良いSPだった。
今日から、わが辞書には「低音」という言葉はのっていないことにしようと思ったが、その帰りにさらに拉致され、拷問というほどのいい音を聴かせつけられるのであった。オフ会も考えモノだ。
e0047038_7443562.jpg

[PR]
by conrans | 2007-04-23 07:45 | オーディオ トップ▲
2007年 04月 22日
今日の一日
ビージネスの展示会を一回りして、一応いくつか契約なんぞもした。
ちと遅いランチラメンは「なんつっ亭」にした。だって品川近くだったモン。モモンガモンは893さん。
e0047038_7365171.jpg
さて、20分ほど並んで席にありつけたら、なんとヤーングギャルのお隣おさん。ついとるの~~と思いながらラメンがきたら、ぐあ~~、ナイースなトンコツスメルと、隣のギャルの香水スメルが混ざり合ってるン。
禁煙だけでなく禁香水にしてもらわんといけんなあ~。
女性にも表面派と奥行派?があるとすれば、ココのラメンは奥行派。
一口目で分かりやすくウマミを表現するよりは、全部食って、う~むうんまい!とうなるイメージ。
豚骨とほのかな醤油=マー油だけで、表面的な味付けがなく、奥深い。
拙者は大好物だ。
大満足で時計を見るとフライトまであと2時間。
貧乏性の拙者は、大慌てで萌えの街「秋葉原」へ行くことにした。急いだ。
今やアキバは一大世界的観光地で、売れてはなかったようだが、メイドのおでん缶や麻生太郎のケーキまで売っている。売れんじゃろなあ。
e0047038_7371449.jpg

看板でちと笑ったのは、めいどインじゃぱんなる店の名前。
冥途の土産に時間があるときにいつか行ってみたい。
e0047038_7373441.jpg
さて、急ぐのはダイナミックオーディオ5555だ。一路エレベーターで川又ルームを目指したが、オロロ昼休み。
第2候補の島ルームでウィルソンのシステム8を聴かせていただいた。
e0047038_7375833.jpg
ほほ~、SISのソフィアに比べてやわらかな音の印象。
鳴らし方が難しいSPで、ココでは硬い床だし、背面に十分スペースがあるのだが、低域は少々ボワっとした感じだった。
ゴールドムンドで鳴らしているせいか中高域の色気も抑えられ気味だったが、音場豊かな中々いい音。しかし、通常の家庭ではセッティングが難しそうだ。
ゆっくり聴けずに羽田エアポートに向かう。エアポートについたら、ほほ~宮崎!
そのまんま東知事のキャラ付県産品売り場がどど~~ん。
e0047038_7382591.jpg

地鶏の炭火焼をこれまた大急ぎで買い込み、搭乗機に乗り込むのであった。
[PR]
by conrans | 2007-04-22 07:38 | つぶやき トップ▲
2007年 04月 21日
JBLエベレストDD66000を聴く
お江戸のオーディオショップSISを訪問した。
いつもお世話になっているので、一度ご挨拶にという意味もあった。
手土産を忘れたのを後悔した。
ま、どうぞ、遠くからわざわざ、と奥の試聴室にとおされる。
いま、もっとも話題だろうJBL「エベレスト」スピーカーDD66000、630万が鎮座していた。
e0047038_8112517.jpg

一聴して、えっ、これがJBL?というくらい、やわらかくナチュラルで音場感豊かな印象である意味予想を裏切られる。
中域はホーン特有のリアルさを感じる音で素晴らしく、高域はベリリウムドライバーがどこまでもやさしく伸びる音を表現して、とても現代風のスピード感あふれる音。低域のしっかり締まった感じも想定外だ。
SACDはEMM、プリはOCTAVE、パワーはPASS。
スピーカーの幅がとても大きいのに定位がしっかりしていてとても美しい音色。
センスのある一部の金持ち父さんの購入動機をとてもそそりそうな、ハイエンドな音世界でSACDの能力を十分に発揮した再生音で感動した。
(※呑志くん、買ってン。ともぞう、心の叫び。)
じっくり聞いていたかったが夜の予定があるので、そそくさともう1セット聞かせてもらう。
こちらはウィルソンのソフィアだ。駆動機器は失念。
e0047038_8114336.jpg

拙者はウィルソンの中高域にシビレているのだが、やはりイイ。
ウーハー1個なのでSYSTEMシリーズと違い低音が制御しやすいのか、とても締まった低域を聞かせてくれた。とても素晴らしい音。
JBLと違い、ナチュラルというよりはお色気たっぷりの音とても魅力がある。
しかしSISはどれもいい音をしている。
あ~ゆっくり聞けぬのが残念だ。
また、出直そう!
ぴゅ~~~~と山手線にダッシュする拙者であるン。
[PR]
by conrans | 2007-04-21 08:17 | オーディオ トップ▲