日記とオーディオネタ
by conrans
<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
トップ▲
2007年 03月 31日
花見eテールdellaみうら
今日は「みうら」で花見の会。
何分咲きかわ分からぬが、石手川周辺はこのくらい。
e0047038_6514957.jpg

夜桜はジツに美しい。花を愛でるとジンセーが少し豊かになった気がするン。
週末にかけていい感じだろう。
「みうら」は満員御礼。
鉄板の熱気に包まれて早くも体が萌える。
筍やわかめの煮物の付だしに、レバ刺しは持参したヒマラヤの岩塩とゴマ油で頂く。
まいう~~~でフォート早くも取り忘れ・・。
そして、序盤の盛り上がり。
e0047038_652896.jpg
ホールモン小腸はニラとモヤシで炒めて辛し。
ほほほ~~~まいう~~~
お次はホルモン大腸はあっさり塩、黒胡椒とレモンで。
新鮮なホルモンの風味が生きていてこれまら、これまた、まいう~~~。
その後、赤べこのステーキなんぞも出る。
赤霧島をグビグビで拙者は結構よっぱ。
昼の天下一品がまだ腹にこたえているゾ、nomchan。
ゆえに、メインエベントの初お目見えの「テールスープラメン」はオフィースのプリキュア1号2号と分けっこ。ひとりで1杯食えぬ拙者。ちと情けなかった。
e0047038_6522728.jpg

これはテールがドカンとはいった逸品で、会場がにわかに静まりかえり、みながラメンをすする音だけが響き渡る。
一見あっさりそうだが、根底にソウル&ファンキーな風味がどっしりとコシをすえた門外不出、前代未食の味。
隣でAZAさんがガッツリ男らしく1杯食いきっておられました。
e0047038_6523847.jpg
これがAZA器食味後である。ハゲタカが牛を食いつくした感じでもあった。

素晴らしき仲間との素晴らしき料理、こんな時間を思い出に生きてゆくのだ!!
[PR]
by conrans | 2007-03-31 06:53 | みうら トップ▲
2007年 03月 30日
マックのモニター
アップルコンピューターがブログを持っているシト向けに「モニター」を募集している。
ブログの中でモニター記事をアップしてくれとの趣旨だ。な~るほど。
書くとライバルが増えるが、申し込みはコチラ
拙者も早速応募してみた。
東京都内またはその他の地域にて、アップルが指定する「Start Mac体験モニター」活動に参加できる方という項目があるが、無視。

申し込み内容に、ブログの月間ヒット数を記入する項目があり、最低が0~10000ヒット。
拙者のマログはどのくらいだろうと思いヒット数をみると、オロロ最低ライン(笑)
う~む、見栄をはって次のランクの10000~20000ヒットにしても良いが、痴呆の、いや地方のラメンとオデオのマログにそんなヒット数があるとも思えず、正直に最低ラインをチェックして応募した。ハハ。

拙者のマログを見てモニターに選ぶならアップルコンピューターとゆー会社はスバラシくセンスのあるポジティブな会社である。
もしモニターに選んでくれたら、このマログはさっさとCONRANSアップルコンピューター日記にするのでよろぴくね。
それから、少しアピールさせてもらうとIpodは持っているので、そこのところも考慮してン。
とくねって自己PRをするコンランズ卿である。
[PR]
by conrans | 2007-03-30 06:55 | つぶやき トップ▲
2007年 03月 29日
元祖?カレーラメン
天下一品の反則技、いや販促技「カレー醤」トッピングについては先日お伝えしたが、その後コレを食べたというシトもおらず、カレーラメンは不人気なのかの~と心配になり、またぞろ、昔からある「豚太郎」のカレーラーメンはいったいどうなっているのか、と動悸がハゲシクなり、もしかして、保守的伊予国、カレーラメンなるメニューも戦力外追放されているのではないか、中国あたりに飛ばされている(中国の方すみません、比喩です)のではないかなどと「豚太郎総本部」というこれまた壮大な店に来た。

「味で勝負!するわりに大きな看板!」
e0047038_7525375.jpg
ココは土佐藩から脱藩し総本部を伊予国に移した坂本竜馬の血を引くお店で、伊予国の横並びの甘辛い味付けのどっちつかずのマンネリな中華ソバ文化に、塩、しょうゆ、ミソ、そしてバタートッピングで改革ののろしをあげ、自民党保守王国伊予食文化に大きなショックを与えたともいえる。
e0047038_7531860.jpg

さて、店内もメニューもとても清潔でサービスが行き届いていて拍子抜けする。
その昔、花園町に豚太郎があり、通いつめてたためが、メニューが壁一面に貼られ、店内は脂ぎり、くわえタバコと腹巻で不機嫌そうな親父さんがジツに絶品のカレーラメンを作っていたので、そのイメージを引きずっていたわい。

塩バター野菜、とかミソわかめなどのオーダーがはいる中、拙者はカレーラーメン470円を注文。卵をトッピングすると、すでに卵は半分乗っているので1.5個の卵を摂取することになるのは学習済み。
さ~きましたン。
e0047038_7533142.jpg
ズズー、MM、ズズー。細切れ野菜とばら肉が特徴のカレーラメンだが昔と味が違う。
拙者の今のスマートな体型は一部豚太郎のカレーラメンで作られているので分かる。
ちと特徴に欠ける普通においしい保守派なカレーラメンになっている。まず辛くないのだ。完食し考えた。
多分、店主も伊予国の保守風に押されたのではないか、いや、そうか、こういう考えもできる。個性を出したい客は、トッピングしてみてね!というのかもしれん。
そう考えると「チーズ」なるトッピングがあるのがカレー向きだが・・。
それか!行間を読めんかった。
次回はカレーラーメン、チーズわかめバターチャーシューでいこう。
これぐらいやると天下一品カレー醤に勝てるだろうし、値段もコレくらい乗せても天下一品と変わらぬのだ。しかし、一人でこれをオーダーするには勇気があるなあ。

一緒に誰かが「みそチーズ」をオーダーしてくれればいいのだが、と思う拙者も既得権保守派であるン。
[PR]
by conrans | 2007-03-29 07:53 | 外食 トップ▲
2007年 03月 28日
みうらの「元祖」
伊予の名店「みうら」休み明けの火曜日の男は午後の部はハッシーさんであるが、午前の部は拙者でもある。
とゆーことで伊予国・桑原「みうら」
場所はコチラ
e0047038_7292526.jpg

最近は、まず「元祖お好み焼き」正式には裏メニューで、スルメに釜上げうどんが少しはいる。これをハグハグ食らい、この世に生を受けた喜びを口内から胃腸にまで味わうというわけだ。350円也。
モッチリとした生地と牛筋肉、スルメ、釜上げうどん。
本当に旨い。「みうら」で是非味わってほしい通なメニューで、カウンターに座り、「元祖のお好み」で通じる。
この「元祖」は三十数年前の開店当時は90円だったらしい。
これで終われば、財布にも体重にもやさしいのだが、やはり「元祖焼きそば」も外せない、諦められない、止められない。
e0047038_7294454.jpg
これはスルメ入りというもので表メニューだ。350円。
開店当時は80円。

これらを食うと、胃腸にしっかりと重みが加わり、ビージネスの熱源になり、モチベーション上昇に繋がるンよ。
とゆーわけで「みうら」の元祖ハナシである。
[PR]
by conrans | 2007-03-28 07:30 | みうら トップ▲
2007年 03月 27日
焼きラメンat HOME
zioさんが「conrans君、棒ラメンで作る、焼きラメン知っとるかの~い~ひっひっひ」
と謎めいたコトをおっしゃる。
是非とも、拙者だけにご伝授を、と申し上げたらzioさんマログにあがっとったン。
とゆーことでビジービージネスマンの拙者は、夕刻5時31分にオフィースを飛び出して、スーパーマーケッターのおさんとなり、棒ラメン売り場へ行く。
ほほー、「まるたい」だけで3種類もあるのか。さすがトニーマートだ。
1)マルタイラーメン 2)マルタイ九州味 3)マルタイトンコツ醤油味、の3種。
迷うことなく2)九州味をゲトし、加護の中には、おい、加護と言えばまたタバコ吸ったらしいの~、のカゴの中にはモヤシ、バラ肉を投入しレジに並ぶと後ろに知り合い。
はぅ~~~加護ちゃんの中身を見られ、奥さん逃げたか、2号宅か、と思われたかも知れぬが、給料日あとにバラ肉。
いや、これで焼きラメンなぞを、ほほほほほ~~などと言う方がこりゃまた奇妙なので、挨拶にとどめた判断は間違いなかったン。633円也。
e0047038_7114819.jpg
さーて、茹で時間は1分、とのことなので、まずバラ肉を炒める。
zioさんレシピに無い塩胡椒を軽くする。
麺を茹でるので棒ラメンの袋を開けると、オヨヨ、粉末スープのほかに調味油なるものがある。う~む、と悩む時間もないので、麺を茹であげ、もやしと共にバラ肉フライパンにがさっと投入。
結局、粉末スープと調味油を半分ずつ投入し味見。
ひえ~うまい!!
e0047038_712597.jpg
おおっフライパンからズビズバ食っている場合じゃーない。マログ用に飾りつけ飾りつけ、と葱。葱が無い。ツマランズに葱葱と言うと冷凍葱を出してきてデコレーションがいまいち。
しかし、お味はそこはかとなくウマくて、これは○金にも負けぬ。

横でツマランズがイカの煮つけをもって、これ食べるの食べないのドッチ!と三角目で怒りの夕刻。
ずいぶんあたたかくなったもんである。
[PR]
by conrans | 2007-03-27 07:11 | 手料理 トップ▲
2007年 03月 26日
本日限定 ごはん党
e0047038_6202952.jpg
なんで白米ごはんのフォートなんぞ。
チビランズ1号が小学校で育てて収穫した「米」限定2合のごはんだ。
ニポン酒には薀蓄がつきものだが、白米に薀蓄をあまり言わぬ。

明石から送ってくれた「いかなごの釘煮」をのせ炊き立てをほおばるン。
うるる~~ん。
チビランズ1号の愛情が米にほんのりとした甘みを与えている。
この米、天候、品種がどうだったかは分からぬが、愛情たっぷりなのだ。

親は子供にごはんを食べさせるものだが、生まれて初めて「ごはん」を食べさせてもらった。庭に空き地があるので、チビランズミニ田圃でも作ろうかのうと図に乗る親ばかチャンリンシャン。
今日限定で、拙者はごはん党なのだ。
[PR]
by conrans | 2007-03-26 06:30 | つぶやき トップ▲
2007年 03月 25日
タイ・ラメン
タイに行ってたんですたい、とjnecoさんがお土産をくれた。
美人の奥様と一緒だったので武勇伝は聞けずだったが、多分人生1回、あんな夜、こんな夜を過ごしてきたことは想像に難くない。
す~っとタイのセブンイレブンのポリ袋を差し出した。
タイのインスタントラメン4種盛り。
e0047038_8253252.jpg
ほほー、ありがタイ。
酔っ払った深夜のせいか、口が半開きの金髪嬢をチョイスする。
う~む拙者の深層心理はジツに単純だ。
パッケージの口半開きの裏には、ラメン鉢に麺と調味料をいれて320ccの沸騰湯を注いで2分待てと書いてある。
320ccという細かさに苦笑する。
で、できました。すラメン。
e0047038_8254783.jpg
ズルルーー。
辛味が強く、とてもスープをすする気にはならぬが、ジャンク&ジャンキーな味。
韓国モノの辛いやつには味の深みを感じたが、これは辛さの直球ストレートだ。
生卵なんぞほりこんでグジュグジュするとマイルドになるかもしれぬので、今後食べる方は参考にしてちょんまげ。

明日の深夜は黒髪嬢だな。
まっててねン。
[PR]
by conrans | 2007-03-25 08:26 | 外食 トップ▲
2007年 03月 24日
マークレビンソン
CDトランスポートだが、エソテリックP-70というニポン製から、マークレビンソン31Lというアチャラ製になった。
どちらも買った訳ではなくレンタル品だ。
しかしこうしてレンタルでいろいろ楽しめるのも怪我の巧妙だ。
外見は大げさかつ重厚な面構えで、レコードのように上からCDを置くトップローディング式。
ボタンを押すとほんとウィーンというメカ音を出して開いたり閉まったりする。
ジツにダサい。
e0047038_731814.jpg
ピックアンプレンズ横には水平器が付いていて、さながらアナログターンテーブルのようで、そういったコンセプトで作ってあるようだ。
しかし、マークレビンソンかあ。
拙者にはどうもアンプの会社というスリコミがある。
バランス接続で音決めしているメーカーだしなあ~~とRCAケーブルを手にため息をついた。
コイツがくるとはなあ・・・。
お見合いみたいなもんだから仕方がないが、とあまり期待もせずに音だし。
んん・・・・レンジは狭いが芳醇で濃厚かつ緻密な音だぁ。
拙宅の蚊の鳴くような1音1音がダイナミックになり、ハエがブンブン飛ぶ音くらいにはなるのだからたいしたもんだ(笑)
ちくしょう~~、好みである!

ロバータ・ガンバリーニの歌がとても肉感的でエロチシズムを感じ、ロッドスチュワートもセクシー。今風のワイドレンジではないのだが、音楽的だ。
ダサくてオールドタイマーな機器だがズバっと感性に響いた。
う~~む。拙者は本質的にフィリップスメカが好きなのかもしれんなあ。

とっても複雑な今日この頃である。
[PR]
by conrans | 2007-03-24 07:31 | オーディオ トップ▲
2007年 03月 23日
荒神
本来新モン好きの拙者は、新ラメン店「荒神」へ行ってきた。お昼時だがお客は1人、知り合いだった(笑)
あんたも好きねん、というわけで1)しょうゆラーメン500円 2)焼きラーメン600円 3)豚の角煮入りらーめん650円 の中で「かめ」インスパイアという2)に惹かれ、メニュー3つなのに悩んでたが、大将が先客と知り合いで、拙者も紹介されたりしたので取りあえずハイエンド650円にした。弱虫。

大将から、豚の油からラードを作っているコト等こだわりなハナシを聞く。
2)焼きラーメンも場所が「かめ」の隣なので懐かしがってもらえればとおっしゃっていた。
さ~てきましたン。
e0047038_7511697.jpg
お昼だけかもしれぬが「醤油飯おむすび」2個付き。これはnomchan向きの店だ!
まずはスープから。ずずーっ。
ほほー。濃い色のわりに醤油の強さは感じず深みのある味でうまい!
特筆すべきは油が「焦がし油」なのだろうか「焦げ臭」がこの醤油ラーメンに個性を与えていて、特徴的である。ちなみに拙者はズバリ好み。
やや固めのストレート麺もしっかりとスープに合っている。
狂おしくうまいのが豚の角煮だ。ぶるんぶるんのとろんとろんでジツにうまい。
2切れなのだが5切れは食いたいところだ。
これに煮卵が1個まるままトッピングされている。

腹いっぱいになったが、新モンは早くも2)焼きラーメンが気になってしょうがない。
「はる」とどうなのか。
「GRABAN亭」とどうなのか。
もっと天下国家を心配し、わが将来を気にするべきだが、拙者は所詮この程度なのだということを痛感。
余は満足じゃ!と言葉だけ殿様なお昼時。

しかし、また夜に訪れようとは、この時だれが予想できただろう・・・オロロ。
とゆーことで酔っ払い夜の部のフォート。
全然「かめ」ではなかってガックシの「焼きラーメン」と菜単ボードですン。
e0047038_9493934.jpg
e0047038_9495111.jpg

[PR]
by conrans | 2007-03-23 07:51 | 外食 トップ▲
2007年 03月 22日
みうら動物ふれあいランド
週中の祝日は「みうら動物ふれあいランド」だ。
寒さも彼岸まででうららかに暖かい。
もうすぐこのあたりも桜が咲くはずだ。
チビランズ3号4号も「じゃじゃ13歳」とふれあい満足の1日。
やつらはもう楽しい春休み。
拙者はオロロである。
e0047038_6484372.jpg

[PR]
by conrans | 2007-03-22 06:58 | つぶやき トップ▲