日記とオーディオネタ
by conrans
<   2006年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
トップ▲
2006年 12月 31日
2006年12月31日
ハッピーだけの年ではなかったが、2006年が終わる。
だんだんとその年の経過にセンチメンタルになってきていて老いを感じるのは気のせいか。
オデオフレンドが来てくれて、イロイロと調整をしてくれた。
随分と冷え込んできたので、今年初めて暖炉に火をいれた。
少しほっこりと心と体がぬくもった。

e0047038_6403744.jpg
みーなさま、よい年の瀬をお迎え下さい。
[PR]
by conrans | 2006-12-31 06:40 | つぶやき トップ▲
2006年 12月 30日
ラスト二番町。
今年一番の冷え込みにも負けず、おっさん等は料理屋「京」に始まって、今年最後の二番町を堪能した。
本日の5次会、1時30分は万寿のタールメン。
e0047038_5581334.jpg
オヨヨな量のコショウと粘汁に埋もれた、麺をズルズルひーひーと食らった。

カウンターは満席。今年への別れを惜しむかのようにタールメンを食らうオッサンらで埋め尽くされていた。
細く伸びた麺を食らいつつ、来年も健康で細ーーく、伸びゆくシアワセな人生を頼むよ、とつぶやく拙者であった。
周りをみると、みんなブツブツ言っていた。タールメンに念仏の丑三つ時である。
さあ帰ろ。
[PR]
by conrans | 2006-12-30 05:58 | 外食 トップ▲
2006年 12月 29日
味噌煮込みうどん!
平壌いりする前に、腹ごしらえ。先日頂戴した「味噌煮込みうどん」を開封した。
マルちゃんと寿がきやを頂戴したのだが、今日は寿がきや。
名古屋名物を飾るのは、松山あげ、愛媛コーチン、土佐巻きなどの四国勢で、年末らしく豪華に飾りつけ。
土鍋に投入し、グツグツグーツ、待つこと5分。
さあ、出来ました!
e0047038_714925.jpg
ほほー、食べやすい。
汁も濃くなくてさっぱりしている。

クラップヨアハンド、モット味噌、モット味噌、ダンシンオンザフロアー、チェキラッチョ!ってな感じ、どんな感じ、の本場モンよりは食べやすく普通の味噌味。
うどんは平打ちor平切りで、いわゆるインスタントうどん麺特有なものの、しっかり固めの麺は本場の味噌煮込みうどんを再現していて企業努力が見え隠れする。

寒いときは、こゆのがエエねえ、心までぬくもるわい。
とゆーことでMさんに心から感謝。

食後はこれまた貰いモンのみかんを食らいピース。
[PR]
by conrans | 2006-12-29 07:15 | 手料理 トップ▲
2006年 12月 28日
ホールインワン
深夜帰宅し、Wiiでゴルフゲームに熱中するコンランズ卿であるが、実際のゴルフと同様ダブルボギー、トリプルボギーで頭から湯気をあげているのだが、こんなことが許されていいのか!ということがあった。
スパムメールだと思ってかわいいあの子のラブメールを削除して以来の噴火である。

e0047038_6273562.jpg
な、な、なんと北朝鮮の金正日総書記が平壌の会員制ゴルフクラブで1ラウンド18ホール中11ものホールインワンを達成したというのだ。
ゴルフをする人ならご存知のように、通常ホールインワン可能なショートホールは4ホールであり、11もホールインワン出来るはずもなく、てめえ、チン、いや指でも穴に突っ込んでホールインワンなどとほざいているんだろうが、エー加減にせーよ!
やったことはやってない、やってないことをやっているとはもう許さん!と竹槍もってこれから平壌入りする。

滅多に怒らぬ拙者だが、この世間をなめたニュースには頭から湯気をあげおさまらぬ。
しばらく会えぬと思うが元気で帰ってくるのでご心配なく良いお年をお迎えください。
[PR]
by conrans | 2006-12-28 06:28 | つぶやき トップ▲
2006年 12月 27日
讃岐もんじゃ
お歳暮でちょいと変わったモノを頂戴した。
「讃岐もんじゃ」である。
讃岐もんじゃとはなんじゃもんじゃ、なんであるが、戦後、かけうどんに小麦粉とキャベツを入れて鉄板で焼いたのが始まりらしく、昔から讃岐にあったものらしい。ほほー、そんなものをリバイバルさせて売り出すとは讃岐のヒトは熱心で感心なのだ。

しかし、外食でお好み焼きを食らい、家でももんじゃを食うとはとても食育豊かなナーイスな食生活であり我ながら天晴れなのであるが、ちと肥えたかのうと思う今日この頃でもある。
さーて、この讃岐もんじゃ、作り方はとても簡単で、油をしいて焼くだけ。
ソースやマヨネーズ、かつおぶしに加えて小さなコテまで付いていてとても親切設計だ。
e0047038_717156.jpg
アツアツホゲホゲとこれを食らい、うほーこれは中々うまひー、焦げてパリパリのところをコテでこそいで食う。極楽である。七味なんぞでピリリとさせて、芋ショーチューといただくとまたイケる。
しかし、こんなうまひものをお歳暮にもらえるとはアリガタイなあと感謝しつつ豪華な家もんじゃディナーは幕を閉じるのであった。

調べると楽天市場から購入できるようだ。
お勧めできるお味でしたよ!
[PR]
by conrans | 2006-12-27 07:17 | 手料理 トップ▲
2006年 12月 26日
柚子湯
柚子を近所のおじいさんから頂戴したので、冬至に遅れること数日、柚子湯にした。
今年はとても暖かいので風呂でひゃー暖まるってなコトもないのだが、柚子の香りでちと温泉気分である。
e0047038_7313981.jpg
チビランズと一緒に風呂に突入するのだが、裸のフォートを載せるわけにもいかぬので、掃除の行き届かぬ風呂の見苦しいフォートだがぬくもってちょんまげ!ぬくもるわけないかアハハ。

風呂の後はNINTENDO WIIのゴルフゲーム。
小学生相手に本気でかかるもののボロ負けし、もう1回、もう1回と目を真っ赤にして付き合ってもらうものの勝てず、もう勉強せんといかんけんこれが最後よ、とか言われ、またぞろ悔し涙に暮れる年の瀬。
もうまじゴルフやめよかな。
拙者には合わんわ、オロロ。
[PR]
by conrans | 2006-12-26 07:31 | つぶやき トップ▲
2006年 12月 25日
ジングルうどんatかめや
ある時、かめやのご主人が道後の奥で崖にはさまって困っていた狸を助けたそうじゃ。
その狸がお礼にとお店にやってきて出汁の中に金の玉を入れたそうなのじゃ。
それ以来、かめやのうどんはとても美味しくなってお店が繁盛したそうじゃ。
という伝説があるらしいうどん店「かめや」
拙者らも、クリスマスに狸のご恩にあやかろうと地元うどんの総本山「かめや」でジングルうどんを食うことに。
広い店内はレトロな雰囲気で荘厳さもあり、ないか?クリスマスにぴったり。
zioさん由来の「お出汁半々」というスペシャルをたのんでみる。
聞くところ、これは肉うどんの出汁と普通の出汁を半々に割るものらしく、とてもコクがある。無論、メニューには載っていない裏技だ。
この半々スペシャルは、現在「たぬきうどん」のみOKだそうなので、それを注文。
e0047038_7141216.jpg

さあきました!
ずるずーる、う、う、うまひーーー。
ツルシコ麺にコク有出汁が絡み、ココこんなにうまかったとは知らなんだよー。
うーむ、金の玉、金玉伝説はホントだったのだ。

狸うどんでキリストの誕生を祝うクリスマスなのであった。
これを清貧といっておこう。
[PR]
by conrans | 2006-12-25 07:14 | 外食 トップ▲
2006年 12月 24日
クリスマスイヴ♪
みなさま、今日は楽しいクリトリ、いやクリスマスイヴですね!
家も体もライトアップし、もうチキンの仕込みをしていることと存じます。

拙者は休みじゃなくて本日もビージネスですが、脳内ライトアップということで佐野元春のクリスマスタイムインブルーでも頭の中にぐるぐるさせて、クリスマス気分を楽しむことにします。
ではでは!よいクリト、いやクリスマスを!!

e0047038_6382823.jpg
雪のメリークリスマスタイム 揺れる街のキャンドルライト
道ゆく人の 波に流れるまま Christmas Time In Blue♪
街の Little Twinkle Star 夢に飾られているけれど
かまわないさ このままで歩き続けよう Christmas Time In Blue♪

街の輝きはやがて にじんでゆく時の流れのままに
約束さ Mr.サンタクロース 僕はあきらめない 聖なる夜に口笛吹いて
街の Little Twinkle Star 揺れる街のキャンドルライト
いつの日も君は輝きもそのままに Christmas Time In Blue♪

愛している人も 愛されている人も 泣いている人も 笑っている君も
平和な街も 闘っている街も メリー・メリー・クリスマス
Tonight's gonna be alright♪

大切な人も 離れてゆく人も よく働く人も 働かない人も
うまくやれる人も しくじっている人も メリー・メリー・クリスマス
Tonight's gonna be alright♪

お金のない人も ありあまっている人も 古い人達も 新しい人達も
教えてる人も 教えられてる人もメリー・メリー・クリスマス
Tonight's gonna be alright♪

世界中のチルドレン Ring - a - ring - a - roses !
憂うつな時も ひとりぼっちの時も 平和な街で 闘ってる街で
Ring - a - ring - a - roses !Tonight's gonna be alright♪

by佐野元春


[PR]
by conrans | 2006-12-24 06:38 | つぶやき トップ▲
2006年 12月 23日
世界一
友人のガーデナーO太郎サンが今年世界一になった。
なんの?
英国のチェルシーフラワーショーというガーデニングの世界大会2006年で世界チャンピオンになったのだ。
秋には市からも栄誉メダルが贈られ、母校には横断幕などがかけられた。
もっと前に凄いことに気付けばいいのだが、鈍い拙者は、最近になって周りが、O太郎サン凄いことやったそうじゃん、などと言いだし、やっと、あの時電話で、イギリスでちょっとした大会があって1ヶ月くらい行くからと言ってたことや、帰国後、ゴールドメダルが取れたんだと連絡があり、写真見せるからと言われ、おお、凄いじゃんオメデトウ!そのうち見に行くわ、と言ったっきりになっていたのである。オロロ。
なんとか、年内にお祝いをと仲のいい友人数人で忘年会もかねてG次郎という居酒屋に集まった。
e0047038_705370.jpg

この大会が200年も続いているガーデニングのウィンブルドンで、エリザベス女王も見に来るガーデニングの世界大会ワールドカップであること、アジア発の栄誉だということ、トラックを借りて早朝から夜中まで1ヶ月もの間材料集めから道具の手配や製作施工までの苦労話、受賞時の感動の涙やら、いろいろ聞かせてくれた。
メダルや盾を見て、こちらが泣けてきたよ。凄いじゃんO太郎サン。
イギリスなどだとこの大会で世界一になると名工になり、数十億の仕事が舞い込むらしい。

おおっ、そういえばO太郎サンのコト以前blogに書いてたのを思い出した。ココ。
とてもテレやなO太郎さん、これからますますの活躍を祈るばかりだ。
拙宅の庭も、O太郎サン施工なのだがほったらかしで、ガーデンというよりは雑木林だ。
そのうち安く腕をふるってもらおう。
[PR]
by conrans | 2006-12-23 07:01 | つぶやき トップ▲
2006年 12月 22日
硫黄島からの手紙
e0047038_742286.jpg映画「硫黄島からの手紙」を観た。
世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た硫黄島。
今年の最後の映画が「UDON」ではいかんのジャマイカと思ったことや、ビージネスとファーミリーから逃避したいというのもあった。

とにかく渡辺謙演じる栗林中将の人間描写につきる映画だった。
ギリギリの状況まで追い込まれ天皇陛下万歳と叫び自決する命と、玉砕も自決も許さない栗林中将が考える大切な命との対比を克明に描ききっていた。
戦争の死のシーンも多く、とても悲惨なので、映画館では悲鳴やすすり泣きが聞えてきたが、UDONで10回泣いたほど涙もろいはずの拙者は不思議に涙が出なかった。
むしろ栗林中将のぎりぎりの状況下での部下への優しさ、父親として子供を思う気持ち、命を尊ぶ姿勢、平和を思う感情などに眼が釘付けになり、まなこは乾いていた位だった。
これはたかだか61年前のハナシなのだ。
もちろん、日本はこんな歴史に支えられてると観る人もいるだろう。
たしかにアメリカ軍が5日で占領できると思っていたこの島を36日間も守り続けた壮絶なのハナシかも知れぬが、戦争の悲惨さを描きつつも、訴えてきたものは今の時代に必要なことばかりであった。
第二次世界大戦の日本軍の最後の砦が硫黄島だったが、こんなストーリーがあったとはまったく知らなかった。
年の最後にいい映画を観れたことに感謝。

ビージネスやファーミリーからの逃避なんぞ許されぬと肝に銘じたのであった。
[PR]
by conrans | 2006-12-22 07:04 | つぶやき トップ▲