日記とオーディオネタ
by conrans
<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
トップ▲
2006年 09月 30日
学校のトイレ
小学校のトイレにはいろんなハナシがありますね。
赤いハンペン着せましょかあ~~の「トイレの花子さん」などの恐怖ハナシや、「コウンしてるな!こらっ出て来て名を名乗れ!」とホースで上から水をかけるなどのいたずらハナシなど様々ですが(←実はこの2つしか知らん)こんかいはちと「なんじゃこれは???」なハナシ。
家やオフィースでは、当然、コウン中のパピプペポーな音を消すために無駄な水を流すのはご法度で大事な水がもったいないと教え込まれ、オフィース用にボタンを押したら水の音が流れる機器まで発売されてた位ですよねえ。
おしっこの時は当然のほうへハンドルをまわし節約節約。
タンク式トイレにはペットボトルを入れて水量を制限しているお宅も多いでしょう。我が家もシブくこの方法です。特に、我が松山市は24時間断水の暗い過去を持ち、痛切に水の大切さを実体験していると思いきや、これですわ。
e0047038_691751.jpg

キッズの「うんどうかい」ついでにうんをつけようということで小学校のトイレにしゃがんでオロロ。
トイレでしゃがんでフォートなど超カッチョワルイ姿だが、シャッターを押しましたよ。
     ※フォートの水栓金具に拙者のコウン姿が見えると思います。
どうなっとるのか公立小学校。ゆとり教育の一環か、景気づけか??
1回で流しましょうってのがフツウでしょう!と市長、いや知事、いや官房長官に画像添付でメールする拙者であります。
ちなみに、拙者のコウンで1回でドナウ川のようにスムーズに流れました。
※お食事時の方はジツにすみませんでしたネ。
[PR]
by conrans | 2006-09-30 06:09 | つぶやき トップ▲
2006年 09月 29日
本妻は一人!
ちょい太オヤジの会合で中華割烹「大岩」の贅沢なフルコースです!
ということで、下記のフォートのような料理を大量に腹に入れ、翌日無事大量なコウンになりました。
e0047038_6123170.jpg
ああなんと贅沢とは無駄で悲しいものなのでしょうか。
全品なかなかウマかったが鳥のから揚げ定食とどっちを食べたいか?と聞かれれば朝ズバ、鳥からです!
早寝早起早食早コウンの拙者は、前妻いや前菜、サラダ、本妻いや本菜、デザートがもう限界。
本妻は1人で充分で、今日みたいに5人も6人も出てこられても困るんですわたし。
そんなわけで、フォートのほかにもゴハンモノ、汁モノなどもあったのだが、フォート撮る気も失せ失せ状態で、次から次から出てくる本妻をココロで泣きつつ笑って食べたのであります。
こんな時に本妻10人でもOKでいつもバリューセットを注文しているノアの箱舟(死語)なあのヒトがいればなあ~。
[PR]
by conrans | 2006-09-29 06:16 | 外食 トップ▲
2006年 09月 28日
シブい。
いまや、インターネットはフォート、動画、音などの視聴覚情報や文字情報が検索一発で簡単に手に入り、ネットで調べりゃ、簡単に答えが出てくるし、難しい問題にも見知らぬ誰かが答えを教えてくれたりしてやりたい放題、これでいいのか!
時には拙者も考える。
まだ見ぬ事を想像・妄想したり、でぬ答えを考え悩み仮定したり、恥ずかしがらず誰かを頼ったり、自ら体当たりで体験経験することがやっぱり大事だからそこんとこヨロシク、と。
なんのハナシ?
すみません。いや実は、県内N市でビージネスだったので昼ラメンでも食おうとネット検索。
ココがうまいなる見知らぬblog記事にこれは正しい答えだと勝手に仮定し信じて行ったお店で「味玉豚骨ラーメン」を食べたらオロロこれが「うまかっちゃん」の世界。
小さな店で菜単が200種じゃー冷凍&即席的しか無理ですよねえ。こちらが菜単↓
e0047038_6411148.jpg

『ちっくしょう~~~!!!』by小梅太夫、を体験し、一時的ネット不信者になったとゆーコトです。誰かに聞けばよかったとコーカイしたのですわ。
今日の拙者は妄想さえする。
もしや、心臓発作に襲われて人生最期のメシが「うまかっちゃん風」の可能性ゼロではないな、このまま戒名がうまかっちゃん居士になってはならぬと、人生のかけすて保険にもう1食行くことに。
西条・花園
ここは、新居浜市のウマウマ料理店・花園のもりそば部門が独立したお店で、夜は週4日営業で予約1組のみで実にマイウェイなそば屋です。
e0047038_6413567.jpg

外観は看板も無くシブいのですが、店内は結構日常的です。←ここで妄想よろしく。
N市の萩の茶屋と比べてエッジが立ち、細いが平打ちのしっかりしたそばです。
つゆに大根おろしをいれるのが花園流でわさびはありません。
e0047038_642135.jpg
うーーんウマい。これが人生最期ならいい人生だったのでしょうの735円。
時はまだ1時なのだが、暖簾が下ろされ本日は閉店です。
夜の予約は11月末までいっぱいとのこと。
うーーんシブい。
[PR]
by conrans | 2006-09-28 06:42 | 外食 トップ▲
2006年 09月 27日
新生みうら政権
小泉政権が去り、新生みうら政権が発進しました!
何のこと?
いや、小泉政権5年の6倍。実に30年間もの長きに渡り、変わらぬ「おばちゃん系松山風お好み焼き・みうら」が移転し、新政権としてオープンしたのです。
実にめでたいことです!
今後美しい国日本、美しい味みうらを推進していくため、今まで裏方でがんばってきた拙者はおばちゃん系食文化担当大臣に指名され号外がでました。
この味で中国、韓国との外交もしっかりやっていきたい所存でございます。
拙者の給料は10%カットして頂き、お好み焼きの現物支給で結構毛だらけであります。
e0047038_6534733.jpg
さて、埒があかぬので、ハナシを大和言葉に戻しますが、新店舗はちょっと見は普通の家ですが、大工さんの愛情たっぷりのリラクゼーションな空間で、万人の心を捉えて離さず安藤忠雄なぞ尻尾を巻くできばえです。
おばちゃん念願のエアコンも2台設置され、全店舗比1000%アップの快適さ。
キッチンは家と店が兼用のエコロジー仕様のセキスイハイムならぬ「お好みハイム」で環境問題にも配慮をしています。
e0047038_65439.jpg
とにかく、いつものジャンボ(600円)を食べましたが何も変わっておらずウマくて感動です。
公約の「鍋焼きうどん」がメニューに加わったばかりか、「ステーキもやりはじめたケン」などとポッと顔を赤らめておっしゃるおばちゃん。これはサプラーイズで、すてーきです(こちらはおやじギャグですね)
こんどの給料日には、昼間からステーキやったろかい!などと新たな野望も芽生え、やるぞ!と労働意欲さえ喚起されました。
ぜひともお好み用のコテでおしゃれに食ってみたいものです。

しかし、ちと心配なのはだんだん車検に通らぬ体形になりつつあるコトですか。
[PR]
by conrans | 2006-09-27 06:54 | 外食 トップ▲
2006年 09月 26日
秋の春光亭
季節はだが、光亭なのです。うくく。
お昼に春光亭でラメンが食べれる日はとても幸せなのです。
ラメンは何度も写真に撮っていますが、ウマいモノは実に美しい佇まい。
e0047038_6201646.jpg
で、食欲の秋にプラスαな食べ方がコチラ。
e0047038_6205037.jpg
チャーシュー1枚残し+半ライス投入です。大食漢は並ライスでどうぞ。
これが激ウマひ~~~~~(←ウマい+ひぇ~~)
例のうまうまタクワンをカリカリやりながら食うと、値段のつかない店頭公開株のような価値の中華雑炊です!!
日本一のスープにはご飯もしっかりとなじみ、悶絶のおいしさで、これ以上はのぞむものはなにもありません。
しかも、スープの雫一滴も残さぬ贅沢かつ究極のプラスα。
食欲の秋に一度はズビズバいかがですか。
[PR]
by conrans | 2006-09-26 06:21 | 春光亭 トップ▲
2006年 09月 25日
わたしについて
数ヶ月前に先行予約していたEPOのDVD「わたしについて」が届きました。
e0047038_6574693.jpg

先行予約するとRADIO EPONICAなるCDが特典になっていたんだけど、未完成のようで後日になるらしいです。アララ。
さて、DVDですがさっそく見ると、私小説的な構成で、語り、歌い、笑い、悩み、などEPOのヒューマンドキュメントってな感じ。
EPOさんはモノゴトを極めたいヒトで、ゆえに難しくも考えがちなヒトなのですが、語る部分にはその辺も垣間見れます。
いずれにせよ、このEPOの自主制作第一弾がDVDというかたちにせよ世に出たのは、アイドル時代から見つめ続けてきた拙者には、感無量で手放しでウレシイのですよ。
秘蔵映像もたっぷりでファンは喜び庭駆け回るハズです。
次はお約束のアルバムを待っていますよ。

DVD見て、暮れのスイートベイジルのライブへ行くぞ!と決めた拙者であります。
これからEPOを聴くヒトは「WORKS」というCDからどうぞ!
[PR]
by conrans | 2006-09-25 06:58 | 音楽 トップ▲
2006年 09月 24日
久万・竹森ガーデン
ぶどう狩り第2弾はいよいよ愛する久万・竹森ガーデン
拙者の生き甲斐の何割かはココにあるといっても過言ではありません。
A級ライセンスのスタッフにバスを運転してもらって行くので、こころおきなく酒も飲めて感謝です。
今回は先輩の友人の「勝手におじさんカントリーウエスタンバンド(名前失念)」の人たちも同行することになりまして、まさか演奏は・・・と思っていたのですが、しっかりとアンプPA・楽器持参でジャンバラヤです。
e0047038_621759.jpg

久万高原にはカントリーが似合います。
しかし、バンドのヒトたちも酔うにつれて曲調がニポン調になり「神田川」の世界へ。しかし、コレがほかのお客さんも大喜びでした。
さて、本日のワン&オンリーメニューは久万牛の霜フリフリ・サーロインステーキ・その場で切り立ての炭火焼きとゆー長い名前。
e0047038_63677.jpg
まあこれがウマいのなんの。満点有頂天の5STAR★★★★★。
やったぜ山ちゃん!←山ちゃんが手配しましたのです。
最近、肉はラメンのチャーシューくらいしか食ってない拙者には特に感動の逸品です。
よく分かりませんが裏の裏のそのまた裏ルートらしくとても安いらしいです。
「厚切・炭火・網焼」をまずはわさび醤油で食い悶え、そして塩コショウで食い失神。
みんな悶絶しつつもワイワイ食い続け、な、なんとサーロインブロック9kgがあっとゆーまに20人の胃袋に突入しました。ギョエー。
誰も持ってこなかったのが肉に合う赤ワインですが、かわりにジャパニーズライスワイン、いわゆるニポン酒は山ほど集まり、みんなで何リットル飲んだか分からないので、数ガロンとしておきましょう。(1ガロン何リットル?)
まあ、あっとゆーまの5時間が経過。
誰かがそろそろ帰ろか、と言わなければテント張って泊まってたかも。
帰りのバスはドライバー以外は全員ズビズバご就寝。
あ、そうそう、ぶどう狩りが本来の目的ですよね。とゆーことで「紅伊豆」の雄姿。
e0047038_632186.jpg

竹森ガーデンの今の旬は「紅伊豆」これが甘みと酸味のバランスが絶妙の身悶えるウマさです。
来週以降は「シナノスマイル」が旬でしょう。これも絶品でココだけのワン&オンリーの赤ぶどうで悶絶できます。
いや元気いっぱい胸おっぱい。ま、これで拙者も年末までガンバれるハズ!!
[PR]
by conrans | 2006-09-24 06:03 | つぶやき トップ▲
2006年 09月 23日
六厘舎
江戸は大崎でビージネスの打合せを終え、さーてお昼前。
先様が「お昼はどんなものがよろしーでしょうか?」とおっしゃるので、うまいラメンなぞありますか?というと、この辺でラメンなら駅の向こうにはやっているところがあります、とおっしゃるので、是非行ってみましょうと相成りました。
10分ほど坂を上ったり下ったりして行きました。
「六厘舎」
e0047038_5562680.jpg
ズルッ!!11時30分なのに大行列。その数約100人。
ココはマンモス館(死語)ですか!?
先様は「今日は、多いですねえ。美味しいトンカツ屋があるのでそちらへ行きましょう。」とおっしゃるが、拙者は「並びましょう。」
偶然の出会い。駅からはるか離れた住宅地の行列のラメン店を経験せず帰国すれば、童貞と呼ばれるのに違いないからです。

しかし、並んでいてオモロかったのは、来た客が行列を見てみんなどひゃ~~~ってな苦笑いをすることです。
飛び乗ろうとした山手線のドアが目の前で閉まったときの表情。あれですわ。
タクシーで来て、行列を見て苦笑いし、タクシーで立ち去った社長さん風のヒトもいました。
先様は、並びながら商談したらよかったですね~~などと、迷惑そうでした。
確かに1時間待ちましたので、午前中、先様とお話した時間と同じです。e0047038_5565297.jpg
さて、このお店のオペレーションは、12席ある店内に12人が一同に座り、揃って食い、みんな食べたら、はい次の12人様、となるわけです。
ココはディズニーランドのアトラクションですか!?
2人なので、拙者で切られて、先様と離れ離れに、、などとドキがムネムネしましたが、大丈夫でした。
12人全員が「つけめん」です。
先様のオゴリの拙者は、ココぞとばかりに「つけめん大盛り450gに豚のせ 1150円」にしました。ちなみに普通で300g。
来ました。ドーンと0.45kgの超太麺
e0047038_5571129.jpg

茹でた後に水でしめているのかぬるいです。
つけ汁には、魚粉が盛られ、伊予の某店が目に浮かびます。魚介のいい香りの汁で、香りの質は愛する春光亭と同様のハイエンド。脂っぽさは無く美味しいです。
太い麺が口でフニクリフニクラと踊りオモロい食感です。
ただ、12人がいっせいに食いだすので、なんだか刑務所で時間を決められ、さあ早く食え!と言われているような雰囲気でもあり、自意識過剰な拙者は、負けてはならぬとスピードアップ!!
しかも、まだヤングな先様が食うのが早いのなんの。
同じ大盛りながら、スピードが拙者の2倍
最期まで自分のペースがつかめず、あせり食いの上に、大盛りがガツンと胃にきました。
江戸では、こういう魚介の和風っぽい味が受けているのかねえ~~。

ならば愛する春光亭など3時間待ちの「プーさんのハニーハント」状態になるな~と、大行列を振り返り苦笑い。
胃にラメンのお土産をたっぷり詰めて手ぶらで帰国する秋の空であります。
[PR]
by conrans | 2006-09-23 05:57 | 外食 トップ▲
2006年 09月 22日
武蔵・斑鳩・なんつッ亭?
巨人・大鵬・玉子焼き、なんて一体いつの言葉でしょう?ヤングは誰も知りません。
武蔵・斑鳩・なんつッ亭、が現在通じる言葉かどうかも分かりません。

先週に続き、江戸出張という憂き目の拙者は、昼間「青山」などというスンバらしくナーイスな場所でフランス人とポンジュース、いやボンジュールなどと慣れぬ談笑をしつつ乱交、いや交流パーティー。
うゎっ、実に似合わぬ場所とシチュエーションです。
さて、夜になり、「conrans君、銀座でも行こうか」などと誘ってくれるヒトも無く、オー ルヴォワール。
一人ほり出された拙者は、地下鉄青山1丁目駅で、ホテルまでの切符を買いました。
ブルーノート東京でガルコスタをやっとるんだがなあなどとも思ったのですが、ま、今日はおとなしくしとこ。
ふと地下鉄路線図を見たら、ん、この先の九段下なる駅はテレビでよく見る江戸のラメン屋「九段・斑鳩(いかるが)」がある場所では!ということでフラフラと行ってきました九段下。
爆風スランプ(死語)の歌(歌名失念)にも出てくる武道館でユメイな九段下にラーメン屋があるのか~~などと覚えていたんですねえ。
なんつッ亭の学習能力で、行列に備えてあらかじめ駅でおしっこをしたのはいうまでもありません。
行けば分かるだろう!と改札をでて、即席外国人かぶれの拙者は外人のふりをして道行くヒトに尋ねます。
「WHEREいかるが?」  「・・・・・・・・・・」。
104でTELを調べてなんとか到着です。
e0047038_658915.jpg
オロロ。備えあれば憂いなしとおしっこまでしたのに行列がありません。
ズルっとこけそうになりましたが、販売機で「特製ラーメン880円」を買ってカウンターに着席です。
店内は満席で、20代なかばの客層で拙者と同じ(いやん)ヤングアダルト系のようです。
接客も丁寧でもの静かで、とてもジェントルな雰囲気。
オープンキッチンでも粛々と麺が茹で上げられ、静々と汁がそそがれる感じです。
さあ、きました。
e0047038_658424.jpg
スープからふわっと魚介のやさしい香りがのぼり、実に美味しそうです。
ズルズルいこうと思いましたが、お店の雰囲気に合わせ、品良くれんげでスープを音無くひとくち。
ほう、とてもやさしい味です。
脂っこさは微塵もなくすうっと体にしみこむ和風感覚のスープです。
対し、少々縮れた黄色い太麺は食べごたえがあってズシっとした存在感。
いわば静と動が入り混じり素敵なハーモニーを奏でているイメージでしょうか。
チャーシューも甘めのしっかりした味付けでやわらかく美味しいです。
いやいやホント皇室ご用達といってもいい感じの上品で清楚なラーメンです。
ただし、真面目すぎる徳仁親王というよりはお洒落な秋篠宮殿下のような部分を感じる一杯でした。
今日もホントにごちそうさん!
[PR]
by conrans | 2006-09-22 06:57 | 外食 トップ▲
2006年 09月 21日
カルボちゃん。
カルボナーラはタマゴとチーズとベーコンの黒胡椒風味スパゲッティなんですが、これが諸派諸説あるようで、たぶん説の数だけ真があるのでしょう。
たとえば、タマゴは卵黄のみだ!いや全卵だ!全卵+卵黄だ!などの諸説があるし、これに生クリームを加えるか否かというのもあります。
単にコッテリコクの状態だと思うのですが卵だけでもこれだけある。
チーズは最低「パルミジャーノレッジャーノ」だ、いやいやこれだけは「ペコリーノロマーノ」は譲れない、いや半々のブレンドがベスト、などと激論になり、ベーコンにいたっては、はあ?普通のベーコンなど論外だぜ!最悪パンチェッタ、必ずグアンチャーレを使うべし、などなど。

まあ拙者もどうだ、どうだ、とこりたいのは山々なのですが、思い立ったら吉日クッキング、サブ目的はは、クッキング以外に拙者は今日は動かないかんね、っとゆーなので材料は近所のおばちゃん系スーパーで購入です。
ベーコンは丸大の塊ベーコン(398円)があったのでこれをチョイスしてみました。
麺もフェトチーネなどあるわけはないが、たぶん間違って仕入れたディチェコのリングィーネ(298円)があったので濃厚ソースに太麺を合わせようとこれを買いました。
さて、茹で上げ時間は12分。
普段の2倍の時間があるし、生クリーム(在庫品)に卵黄(在庫品)を入れ、パルメザンチーズ(在庫品)と黒胡椒(在庫品)をふりかけ混ぜ混ぜするだけでソースはできるし、ベーコンとマッシュルーム(158円)も炒めるだけなので、スケベなおじさんの鼻の下のように間延びしたアフタヌーーンクッキングです。
さーて、でーきーまーしーた。間延びです。
e0047038_6162949.jpg

オロッ、予想外にネットリコッテリとなかなかウマい。
生クリームはタカナシ乳業35%純生クリームで素材唯一のこだわりブランド品なのでコレが効いているようです。
しかし、いくら炒めてもカリっとならない「丸大塊ベーコン」は安いハムのような味でオヨヨですが、オータム風を気取ろうと買った岡山産マッシュルームが、それを補ういい味を出してくれたようです。
気取ったイタメシ屋風なら「リングィーネ・アラ・カルボナーラ・ディ・フンギ Linguine alla carbonara di fungi」という菜単名かなあ。←違うかもしれません。

しかし、麺モノは麺がのびぬうちにグアーーーと短時間一気食いしてしまうので、減量の目標と裏腹に太ります。この数週間で数キロは増えたのが体重計に乗らなくても分かるのがちとつらいなあ。
これではちと動かないワケにはいきませんねえ、打ちっぱなしでも行くか。
[PR]
by conrans | 2006-09-21 06:22 | 手料理 トップ▲