日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:春光亭( 19 )
トップ▲
2008年 07月 15日
上質
米と水と酵母だけで作るニポン酒ですらあれだけの味の差がある。
無論、動物の骨や野菜や魚貝やらを使うラーメン出汁に答えなどあるわけがない。
「春光亭」のスープが変わった。3度食べたがジツにうまい。
あっさりでモノ足りぬシトもいるよーで、好みはさまざまだが、純粋に出汁を追求した結果、脂感が減り、味が上質になり熟成した味わいだ。
素材それぞれが突出せず、しかも味に切れや透明感がある。
ちと味を締めたければ「練り辛子」を耳カキ一つ分入れればよい。
風味は壊さずキリっとした味わいになる。
かおりもあとくちも透明感が高くて申し分なく一つの到達点のお出汁。

最近とても混んでいるが、お客さんも残ってる器を下げたり、勘定のタイミングをみはからったりと心得たもの。伊予国のシトは素晴らしい。

ビージネスの関係で中々午前の開店時にいけぬのだが、11時過ぎのまばらな時間に店にいると、ふわっとした魚節のいいかおりにつつまれる。至極の瞬間だ。
伊予国にこのお店があることをとてもうれしく感じる。
今日は定休日であるが拙者は吉備国出張。ついている。
e0047038_6165342.jpg

[PR]
by conrans | 2008-07-15 06:17 | 春光亭 トップ▲
2008年 06月 23日
おっ
拙者の愛読新聞はe新聞だが、9面に「古新聞活用アイデア募集」の告知。さては・・。
ギャラは今日「春光亭」で受け取るので連絡するよーに。
e0047038_626997.jpg

[PR]
by conrans | 2008-06-23 06:31 | 春光亭 トップ▲
2008年 06月 22日
イタリア美術とナポレオン
e0047038_12414529.jpg

[PR]
by conrans | 2008-06-22 12:41 | 春光亭 トップ▲
2007年 11月 21日
hungry?
e0047038_554191.gif
e0047038_5541251.gif

てぬき過ぎでフォートの文字を間違いました。
matsuyama→worldに変更してください。デザイナーさんよろしくお願いします。
[PR]
by conrans | 2007-11-21 05:54 | 春光亭 トップ▲
2007年 07月 16日
驚愕!
いろんなラメンを食べれば食べるほど「春光亭」に戻ってくる。
今日はその舞台裏の厨房での事実に驚愕した。
e0047038_7535272.jpg

ライスを投入するシトのスープはライスにも合うように少し濃くしているとゆーのだ。
麺をすすったあとにライスを注文すると、テンダーは心配する。
スープがライスに対して薄いのではないかと。
その逆もある。
いつもあとからライスたのむシトがたのまない。
e0047038_754778.jpg

驚きを隠せぬ事実。
なんという匠。

味やサービスなどすべて金のためのかしずきにしか過ぎないこんな時代に、千利休じゃないが一期一会だというのか。
テンダーのひょろりの風貌に一瞬狂気を感じたお昼時だった。
[PR]
by conrans | 2007-07-16 07:54 | 春光亭 トップ▲
2007年 06月 05日
BB体で春光亭
ナツモノスーツを買いにスーツ専門店(ちとハズカシ)へ行ったン。
昨年はサイズがAB5だったのがBB4になっているという。
ウエストもふた周りも大きくなっているようだ。
理想はAA体なのにBBはイカン。
なんとかABちゃんに戻さないとイカン。
と、思いつつも愛する店へ行くン。
カウンターに座り、ふとテンダーに、あぶら少なめでお願いたてまつりかしこみかしこみ申す、などという。
とゆーことで「春光亭あぶら少なめver」
e0047038_704219.jpg
う~~む、ウマイ。コクはちと後退するものの後味が良くて拙者の好みにもピッタンコ。こうなると、やはりメシも投入したくなったりしてお馴染みのパターン。
e0047038_705933.jpg
オロロ、テンダーがあぶらは多分1gほど控えてくれたものの、炭水化物を取ってしまった。
しかしこれだけウマイと悔いが無いのー。
BB体型でもええわと思う今日この頃である。
[PR]
by conrans | 2007-06-05 07:01 | 春光亭 トップ▲
2007年 05月 10日
日々是好物
季節は移ろい、時々浮気をしようとも、帰ってくるところは是。
といっても1週間ぶり。
e0047038_73772.jpg

食している時に、テンダーがかつを節を出汁に投げ入れた。
ふわっと魚介の香りが店内に広がる。
たまらん。
もっと入れて、香らせて、もっと入れて、匂わせて~~~はうぅぅぅ~~。
海山の幸に愛情を注ぎ込んだいっぱいのお出汁は最高。
いやあ、本日も後味を薄める水も飲みたくない程ウマかった。
e0047038_732937.jpg
ネタが他に無いのではないぞ、他になにも欲しくないのだ。
「春光亭」ジツにウマイ。はうぅぅぅ~~~~。
[PR]
by conrans | 2007-05-10 07:03 | 春光亭 トップ▲
2007年 04月 27日
システムダウン
ああ~また愛する店のOSがぶっ飛んだようだ。オロロ。
e0047038_753526.jpg
システムダウンですっかり意気消沈した拙者はとぼとぼと、近くのラメン店にはいり、新作というラメンを注文。
濃くてクッキリ分かりやすい味。
e0047038_754856.jpg
オデオでいうとミニコンポの音だ。
なめらかで、深く、繊細な音がさらに恋しくなる昼下がり。
本日は、復旧してますように。
[PR]
by conrans | 2007-04-27 07:54 | 春光亭 トップ▲
2007年 04月 13日
無くて七クセ?
愛する春光亭でラメンを食べて、雑炊を食い、顔を上げると、ほかに客がいない。
テンダー、もうかっとる?などと聞いて、ハナシをイロイロした。

迷いが少なくなってきて、ある程度割り切れるようになってきたコト。
少しだけど順調になってきたコト。
苦しいときに常連さんが助言をくれたり、通ってくれたコト。
これからも常連さんのお店でやっていきたいコト。
e0047038_6394010.jpg

拙者は何も言わず、テンダーのハナシを染み入るように聞いていた。
IT時代であり、不特定多数の客やシトに情報を発信し、商売をする時代に、パソコンも持たず、顔が見える常連さんだけと生きてゆきたいと語るテンダー。
ほんとうに無骨で不器用だ。
しかし、作り出す味は繊細きまわりない。

改めて、拙者も常連の一人として生かされていることを感じいり、テンダーに感謝した。反面、天下一品スカトロ麺にも体を許しているなんて、テンダーに絶対に言えぬ秘密も持っている拙者。
さながら無くて七クソ、いや七ウソである。
あ~なんてウソで固めた人生よ。オロロ。
[PR]
by conrans | 2007-04-13 06:40 | 春光亭 トップ▲
2007年 03月 08日
春の春光亭
愛するお店へ行きました。
本日のお出汁は、鳥系>魚系でして、麺よりご飯がナイスマッチングでした。
ああ~いくら貧乏閑アリとはいえ、パーソコンでこんなことばかりしてたんじゃMASMAS貧乏になっていく。
e0047038_745588.gif
テンダーちと坊ちゃん刈でかわゆかったです。
ちなみに、儲かっている後輩のポルシェで乗りつけましたが駐車場がいっぱい。
前のガソリンスタンドのおにいさんがココにおいてもいいですよと、おかせて頂きました。
ポルシェは得よのー、とゆーことも学習し、少しえらくなりました。
ちなみに金持ち後輩はマログなどする時間も見る時間もないそうですわ。ハハ。
e0047038_75722.jpg

[PR]
by conrans | 2007-03-08 07:05 | 春光亭 トップ▲