日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:外食( 232 )
トップ▲
2008年 10月 13日
らぅ麺 純
やっとこ「らぅ麺 純」さんへ食べにいけました。ウレシ。
暖簾をくぐると、魚介スープのいいかほり。
魚介系オーデコロンを体中にふりまくりたいほど、このかほりが好きで、とろけそうだ。
もうダメ~。
つけ麺が菜単のハジメにあり、チカラがはいっているのだろう。
つけ麺は今度ね、とゆーことで、2ページ目のラーメン700円を注文。
きましたン。
e0047038_1682796.jpg

盛り付けはシンプルで、大きなシナチクとノリの存在感があります。
さてさてスープを、と、、、、うまいっ!
豚骨と魚介がうまくブレンドされているとゆーよりは、魚介のかほりと豚骨のコクを味わうスープで、これは面白いねえ~。
麺にイクまでにスープをグビグビやってしまう。
大好物の平打麺はつるつる加減もバッチリでうまいっ!
無我夢中であっとゆー間にごちそうさま。

お昼時だがたまたまだろうか、拙者が独占、借し切り状態。
帰り道のちょっと先の390円ラーメン店は満車状態だったので、味は分からないのだが、安くてウマいのかなあ?
味のクオリティーと商売繁盛は別モノでもどかしいものであるが、遠いのでしょっちゅう来れぬのが残念なウマいラメン店だった。サティスファクション!
[PR]
by conrans | 2008-10-13 16:08 | 外食 トップ▲
2008年 10月 05日
内子「かわせみ」
今日は雨の中東京のテレビ局のロケに終日同行してました。
むろん初めての体験でへえ~~ってな感じでありました。
あとは海外ロケとチョロチョロを残して今月中旬に放映とのコト。
拙者もなんとはずかしチョイ役で出る、いや出ないかもしれないのだけども、新山千春さんやらも出演するので必見!と言いたいのですが、伊予国では放映しないのですよ、やれやれ。
で、今日のお昼は内子「かわせみ」
久々会う大将は数年前に結婚されてお子さん2人らしくてハッピそう!
ちょっとメタボってました。
雨に打たれた撮影クルーもホッとする居心地の「かわせみ」さん。
「栗ごはん」にはおかわりするほど感動してました。そりゃあ早朝からのタフな天候と緊張ですもんねえ。
e0047038_2235339.jpg

20分でさささの食事でしたが、ホントは夜にゆっくりと二人でお酒を酌み交わしながらスロースタイルで味わいたいものです。
予約のみの営業で、若女将も大将も笑顔で控えめでとにかく居心地最高のお店。

さあ、二人で行く、と言っても誰が行ってくれるかが問題だなあ。ハハ。
[PR]
by conrans | 2008-10-05 22:03 | 外食 トップ▲
2008年 09月 11日
GOOGLE STREEt view
先週、MIDへ行った。
代々木八幡・山手通りのカフェで、学生時代の先輩がやっている。
先輩には拙者も4年間メシを食わせていただいたし、いすゞの117クーペでよくドライブに連れて行ってもらった。切らしていたトイレットペーパーを頂戴したこともある。コンビニのない助け合い、いや助けてもらってただけだが、そんな時代だった。

突然だがgoogleは凄まじくて「ストリートビュー」で地図をクリックすると↓のようなフォートがでる。いやはやイノウタダタカもひれ伏す。
とゆーより3時の休憩時にオフィースでシトの目を盗み「googleストリートビュー」をみていたのだが簡単にカフェ「MID」が見つかり驚きこれをエントリー。
もちろん、拙者の暮らしたあんなアパート、こんなアパートも見える。
e0047038_16134777.jpg

大根の和風スパをオーダー。
e0047038_16193564.jpg
あの頃を思い出し、もうなんも言えねえ~。五十嵐久枝さんのインテリアデザイン。
e0047038_16254982.jpg

今朝、ジツはサボり、早朝より空港で「もうなんも言えねえ~」のスイマーを自伝を片手に張っていたのだが会えなかった。
しょうがないのでデンティストでも行って気分転換したら昼になり「らく家」でざるうどんを食ったりして打ち合わせが相次ぎオフィースに釘付け。
e0047038_16295096.jpg

此の侭ではイカンとコンビニの前でタバキ吸ってぼんやりしてたら、道をきかれる。
そこをまっすぐ行って、左へまがり、すぐ右。ずーーっと北に向かっていけば社労士事務所があるので、はぁはぁ~~ってなことが、googleの「ストリートビュー」ではクリックで道沿いのフォートで見れるのだ。
いやはやどこへ行くのかgoogle。社会保険庁のほにゃらら問題もgoogleに外注すれば細かくトレースしてくれるんじゃないかな、ってなことはないか。
[PR]
by conrans | 2008-09-11 16:25 | 外食 トップ▲
2008年 09月 09日
背徳の秋のおとづれ
オダイバはロッポンギのワインバー。
シチリア島の葡萄酒を味わった。ニポン酒しか飲まぬ拙者の秋の背徳だ。
e0047038_6563397.jpg
シチリアの前のワインは「ブルネロ」。これはイタリア国内でも許されぬコト。オダイバだから許される。
秋は背徳の香りに満ちていて、イケちゃんどうもすみません、などとつぶやき最後の「アンチョビゲスパ」の愛に絶句した。終わりたくない愛をむさぼるように最後のゲスパの後にフォルマッジオを頂く。嘘だろ?
持ち込んだ「紅伊豆」の甘さが血に染み込み、体中をデカダンスな退廃へ導いた。

マチへ戻る。
ココはハイボールがユメイだが今日もオーダー無しで「カクテル」が置かれた。
マスタは「今ならサントリーハイボールにグラスがついてくるのだよ」と角のボトルを差し出した。
e0047038_6341577.jpg

拙者は空いた「カクテル」のグラスを乾杯のポーズでおめでとう、とマスタに返した。

目の前に新しい「カクテル」が置かれた。
ハハ、「ハイボール」は飲ませて頂けぬ。根気比べゲームは続く。

マチはゾウセンバブルで浮かれアジアのシトも多いのだが、あ、北京オリンピックも終わったが「静」は元気でやっているのか?とのぞく。
点心でユメイな「静」だがラメンも最近はじめたらしくてシメにたのんだ。
チャイナママは「conrans、ほら夜はお腹にやさしほういいでしょ、アブラ控えめなのよ、どぞ」と土鍋のラメンをテブルに置いた。
豚のゲンコツだけでとったとゆースープはやさしく、まさしくチャイナの味でママの自画像さながらだった。
e0047038_6343766.jpg

[PR]
by conrans | 2008-09-09 06:40 | 外食 トップ▲
2008年 09月 08日
真木食堂
久万に早朝より無理やり行く。
「赤葡萄・紅伊豆」の今年の出来が早く知りたい。
夏の高温と少雨の影響はどうだったのか。
・・・・・ジューシーで甘い。酸味もいいブレンド加減だが、少雨のせいか巨峰のように甘い。

Wさんの教えで「真木食堂」
まわりにも食堂があるが、ココだけ大繁盛。昼前だが大行列の1時間待ち。
念仏を唱えて待ったが、ご夫婦か2人だけでお店を切り盛りしている。
大体1度に8ハイ位はつくっていて、ふーむ、効率はいいようだ。
e0047038_6484525.jpg

フォートは大盛。
ほんのり甘いスープに地元のしっこり麺。
ソーセージ&チャーシューのトッピングもシンプルながら珍しい。
おいしい!

久万。来月10/11には恒例2回目の「久万JAZZピクニック」がある。ピアノが渡部嬢で歌がティファニー。
動かせぬ予定があり今年は行けぬが、いい天気で盛り上がればいいなあ。

そうそう、もしかしたら季節最後の最後の赤葡萄「シナノスマイル」がまだ手に入る時期かもしれませんよ。葡萄マニアの拙者イチオシ赤葡萄。「久万JAZZピクニック」に行かれる方は近所のブドウ畑をチェックしてみてください。
[PR]
by conrans | 2008-09-08 06:53 | 外食 トップ▲
2008年 08月 30日
べこやさん
オフィース近くの焼肉店べこや。
お昼前からやってきたン。
入口はお昼やってます!の感はなく、ひっそりとしていて、お昼営業やっとるの?ってな雰囲気だが、地下の店にはいると、熱気ムンムンムンドちゃんで、バブル時五反田のキャバレーブルースカイ状態。無論12時前には満員御礼。
無茶苦茶はやっとります。
昼の菜単はどれにしよかと黙祷するほど魅力的。700円~1500円くらいまで数種類、では分からぬか。
で、拙者らオッサンキャンディーズはらしく焼肉丼(牛バラ&豚バラ、サラダ付)を横並びオーダー。ちなみにご飯量は、大中小からチョイス可。
菜単を凝視してたら、ハイエンドメニューのミスジ丼1500円(いつかは!限定5食)の下に「盛岡冷麺」とある。ううむ。
どうするかまよったらまよわずオーダー。
きましたン。盛岡。つるりんこ。グワカ~、無茶苦茶うまい!
炭火焼のカット牛肉がウマい、スープがウマい!!
ジツはこの「べこや」 先日からワケあってこれまた近所のラメンの名店の元店主がWORKしている。名店ラメン店はむろん繁盛営業中。
それこそ仁義ありでラメンは出さぬが、冷麺勝負、とゆーわけなのだ。ろう。
ワケはきかぬが盛岡のうさぎぴょんぴょん舎より遥かなたにウマい。盛岡冷麺などとゆー名前はやめて伊予冷麺でえーやろ。
e0047038_7155183.jpg

さて、白いオーバル器に盛られて、いやこりゃ値打ちだと思うのに十分な量と薫りを漂わせ、いよいよ焼肉丼がやってきたwithべピン店員さん!
各お肉ちゃんは炭火で焼かれ、もう早く食べてン的ムードがムンムンで、欲を捨てた欲捨てビトの拙者ですら、がるる~~を涎をたらして飛びついた。いかんフォートだ。バシャ。
e0047038_7161476.jpg

食う快感欲しさに生きている。裸の食欲がそこにあった。
人間の刹那に涙がでそうになり、いや、食うために生きているのではない、いや、食うことで生かされている、などとブツブツ言いながらゴチになったお昼時。
ううむ、まずいな、いや、うまいな。
自慰も禁止の禁欲生活に震度7の揺れだ。

あっ、お昼はすべての菜単に草が付いてます、の初秋。禁欲の秋、か、ン。
[PR]
by conrans | 2008-08-30 07:18 | 外食 トップ▲
2008年 08月 03日
恒例のO島
今年も夏の最大イベントにやってきました。
やってきたといっても、船に乗って潮風に心身をゆだね、O島の漁師さんちで宴会をするだけのもので、船の揺らぎがブルブルマシン的カロリー消化をする程度です。
あ、正確には途中にちと釣りをしたりしますが、こんな程度です。
e0047038_6451640.jpg


★お楽しみの天の川 >>>
[PR]
by conrans | 2008-08-03 07:06 | 外食 トップ▲
2008年 07月 25日
もひとつの「はる」
愛する「春」に行けずの拙者は深夜「はる」へ降り立った。
「はる」は言わずと知れた「かめ」の焼きそばの流れをくむ老舗であるが、モーテルorホテルorラブホorブティックホテルorオアオアオア街の入口に君臨する。
戦の前に食欲をなのか戦の後なのか、はたまた拙者のよーに、タマタマなのか(←時間待ちでは決して無い)。
そーいえば、ココでは大概ビルと焼きそばじゃったな、と、ラーメンを注文。みると450円だ。
e0047038_73829.jpg

ずず~っ。
な~るほど。
その日の仕上げに徹したとゆーか、こりゃあれだな、戦の後にさらりと食うのがよかろうな。
簡素でウマくて、そういえば中華そばといえばこーゆーもんだよな。
そして、中華そばで500円を超えると、なぬ~~?となる感じもあったりして、中華そば450円の価格にも妙に考えさせられた。
味噌やトンコツギュウコツショウユ、ツケやアツアツが700円でもびっくりしないんだけどね。

食は気候風土と共存するモノだが、「はる」はそのロケーションに徹した、妖しくも優しく、そして味わい深いいいお店。

玄関がガラリとあいた。顔をあげると「うりはる」さんだった。ってなことは無かった。
[PR]
by conrans | 2008-07-25 07:03 | 外食 トップ▲
2008年 07月 19日
鶏ガラ、豚ガラ、人ガラ
お昼なのだが、カスタマーはラメン行きましょうかとゆう。
なぜに男はラメンが好きなのか?
そういえばラメン店のオナゴ比率は低い。ツガイ客は見かけるが、単独女史は稀だ。
ラメン店でお隣よろしいでしょうか?などとタケウチユウコ似の女史が一人で来た、などありえぬのだ。いつか、こんな出会いが・・・。

そういえば表題のラメンは「鶏ガラ、豚ガラ、人ガラ」の名言をおっしゃったとゆーラメン界のりっぱな方がお亡くなりになったニュースをネットで知ったが、カスタマーが気に入っているとゆ~ラメンは「牛ガラ」だ。
トンコツとかギュウコツとかゆーが、どこのコツでもいいのか?トンにチコツがあるかどうかは知らぬがそれでもいいのか?ん~~と思っていたらきましたン。
牛骨塩ラーメン¥750!
e0047038_623330.jpg
大好きな平打ちが脂粒が浮いたスープに泳いでいる。麺の量がかなり多くて満足度が高い。
ずず~~~、ほほ~~~~。
イキザマがクールで、クイザマがアッサリ、セイザマがタンパク、と3拍子腰抜けの体に染み込むウマさ。
トッピングの牛肉が少々クセがあり、ン?であったが、中々個性的でアグレッシブな一杯。

一興・砥部店のみのオリジナル菜単で、カスタマー曰く、ココが一番ウマいそうだ。
e0047038_625920.jpg

[PR]
by conrans | 2008-07-19 06:03 | 外食 トップ▲
2008年 07月 17日
天きん(メタボ)返し!
天きんメタボブログ返し!
とゆーことで「天きん」であります。おひさ。
ココの鰻はどこ産?とゆーのは分からぬが、銀天街路地裏の鰻の老舗。

ほほ~「二階建て」は¥2000だったっけかぁ~。
ううむ、インフレ不景気倒産自殺殺人時代に「二階建て」はなあ~。
う~ん、とウナって(←注目)「うな重(並)」に決定!
(並)とはいえ¥1500のツマランズ発狂プライス。
最初は¥1000の「うな丼」にほぼ決めていたのだが、お隣さんが座るなり「ビルに二階建て」ね!昼からビルと二階建てとはどこぞのゼネコンぞ、クワ~、で「丼」→「重」に格上げ見栄注文となったわけである。
おばちゃんに「うな重の並ね!」と小さく注文したら「うな重一丁!」と並を付けずに注文を通した。ううむ(並)抜き注文でよかったんか~。いや「うな重ね!」注文では、えっ?二階建てですか?上ですか?並ですか?などと聞かれるハズだ、多分、いや絶対に聞かれるぅ~~、などと考えていたらきましたン。
e0047038_16483092.jpg

一階立ての並である。蒸しているがしっかりした歯応えがあり、中国で冷凍加工されたものではないニュアンスが口に広がった。

オアイソ時におばちゃんが、コンランズさんずいぶんお久しぶりですね~などと言う。
ををっ、数年もご無沙汰だったのだが、おばちゃん覚えていてくれてたのか。
ちとうれしかった昼下がり。
いつも行くキャバ蔵で、初めてですか?と言われ続けて早3年。

※カウンターに「小さなヒマワリ」があったのでフォートしてたら、中のおねいさんが、これダリアなんですよ!などと言う。オロロ、拙者の「ひまわり」との勘違いが読まれた。
みなさんこれはダリアですよ。
e0047038_16484641.jpg

[PR]
by conrans | 2008-07-17 16:48 | 外食 トップ▲