日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2008年 09月 23日
週末からの麺々
大阪の宿舎は今を煌く「アパホテル」
ファサードからフロント、エレベーターから客室までのインテリアのセンスや質感がなかなか良くて、これで6500円~の看板だからデフレだなあ。
大浴場があって、これがゴルフ場以上。ランドリーや乾燥機まであった。
朝食は2箇所でな、なんと最上階にベトナムレストランがあってそこでとることに。
バイキングだが、フォーが朝から食べ放題だ。
e0047038_813454.jpg
お昼は中津の「弥七」の醤油ラーメン。
まったく醤油?ってな味で、動物系+コンデンスミルク+何かの焦がし脂。ほろ甘いスープに太い麺が大人気らしくて開店早々に列をなしていた。
e0047038_815764.jpg

「ウーイェイ」の色紙があって、ほほ~やつも来たのか!
e0047038_821519.jpg

さて、伊予国に帰り日曜日。ツマランズがラーメンに連れて行ってとゆー。
そういえば、この夏もどこも行かんかったか?
また冬になれば5年物のフニクロの赤いフリースファッションで決めるだろうツマランズと1年ぶりにデートだ。ちょっとせつなくなる。
で、リクエストはご近所の闘牛。
鳥そば600円。カラアゲ粉に米粉だろうか?を加えてパリパリの鳥が一枚トッピングされた正統派の醤油ラーメンで、改めて完成度の高さに驚いた。
e0047038_824461.jpg

上の「弥七」の醤油ラーメンと「闘牛」の醤油ラーメンのフォートを改めて見る。
大阪だと太陽の搭以上に列が出来るだろう。ココはいい国だ。

翌日、ビージネスで気を狂わしているともうお昼過ぎ。
ギャル曽根も控えているのにまだまだ食っているnomchaさんとランチ。
ココラーメン博に出るンよ、などとどこかへ連れて行かれて食うのがネギタンタン麺とアッサリマヨネーズ麺。
e0047038_832748.jpg
e0047038_8343100.jpg
オロロ。
その後、ううむ、と唸ったnomchanは当然のごとく2軒目へ。
たどりついたは「のんきや」さん。
e0047038_841055.jpg

完璧な仕上がりの中華ソバ。なんでもないよーで味や器に3代にわたる熟成を感じる。
しかしこれが500円とはアパホテルどころの騒ぎではないなあ。

nomchaさんはお昼は2軒はしごしないと満足できぬようで、拙者が、ううむ、マスを覚えたばかりの中学生のよーですね、とゆーと、今日は場所が離れていて時間が空いてしまった。近くて連続ならもっとマスはかけ、いやラーメンは食える!そーだ。オロロ。
[PR]
by conrans | 2008-09-23 08:04 | のんきや トップ▲
<< バスレフポート ううむ >>