日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2008年 07月 25日
もひとつの「はる」
愛する「春」に行けずの拙者は深夜「はる」へ降り立った。
「はる」は言わずと知れた「かめ」の焼きそばの流れをくむ老舗であるが、モーテルorホテルorラブホorブティックホテルorオアオアオア街の入口に君臨する。
戦の前に食欲をなのか戦の後なのか、はたまた拙者のよーに、タマタマなのか(←時間待ちでは決して無い)。
そーいえば、ココでは大概ビルと焼きそばじゃったな、と、ラーメンを注文。みると450円だ。
e0047038_73829.jpg

ずず~っ。
な~るほど。
その日の仕上げに徹したとゆーか、こりゃあれだな、戦の後にさらりと食うのがよかろうな。
簡素でウマくて、そういえば中華そばといえばこーゆーもんだよな。
そして、中華そばで500円を超えると、なぬ~~?となる感じもあったりして、中華そば450円の価格にも妙に考えさせられた。
味噌やトンコツギュウコツショウユ、ツケやアツアツが700円でもびっくりしないんだけどね。

食は気候風土と共存するモノだが、「はる」はそのロケーションに徹した、妖しくも優しく、そして味わい深いいいお店。

玄関がガラリとあいた。顔をあげると「うりはる」さんだった。ってなことは無かった。
[PR]
by conrans | 2008-07-25 07:03 | 外食 トップ▲
<< ふせっ kaossilator >>