日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2007年 12月 16日
薪ストーブ
e0047038_7221940.jpg

去年は大晦日にやっと火を入れたので少しはやめ。去年は週末の休みが取れなかったんだっけかなあ。
木は数年前の乾燥したストックがあるのだが、腕が悪くて火がおきるのに手間どる。
うまいシトはアッとゆ~まに火をおこすが、薪ストーブ歴10年目だが腕が上がらぬ。
まず木っ端に火をつけ薪ストーブを暖めるのだが、上下の空気穴とドアを調整しないと、木っ端がジャンジャン燃えても煙突からアツイ空気は逃げて暖炉は暖まらぬ。
反対に調整しすぎると火は消える。

部屋に煙を出しつつやっとおきた。
しかし、歳とともにおきにくくなるのは下半身と一緒だわ。
などと思ってたらチビランズらも薪ストーブに集まりみんなでほっこり。
ふとチビランズをみたらすぅ~すぅ~気持ちよさそにねむっている。

しばらく寝かせてやろう。
おこさぬよう静かに追い木をして薪ストーブの火の番だ。
JAZZでも聴きたいが、火のぱちぱちを楽しもう。
と、書くと気色悪い文章になった。
薪ストーブの前に布団を敷いて冬に裸でナインハーフ、氷でなぞり・・・これもイカン、と中途半端でやめる冬の朝。
さむいのう。
[PR]
by conrans | 2007-12-16 07:22 | つぶやき トップ▲
<< 小音量の魅惑 【KAMADO】 >>