日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2007年 12月 04日
エレクトラグライドの電源ケーブル
elctraglideの電源ケーブルを何本か使っているが、これがとても危険なケブルだ。
e0047038_6562495.jpg
むろん火がついたりする危険ではない。
食品メーカーが中身を偽装すると大事だが、メリケン国の電源ケブルの場合、それが針金であったとしても大丈夫なようでとても自由だ。自由に製造できるのが危険なのである。
日本国では電気用品安全法(PSE規格)なる法律で線引きがされていてさすがニポンであるのだが、ポルノ雑誌規制同様にお好きなシトはメリケン国から輸入または闇ルート物になる。

さて、electraglideだがこのメーカーともかれこれの付き合いなので、大体パターンは分かってきた。
まずは4000ドルとか5000ドルとかのとても高価な定価をつけて「銀箔リボン&銅箔リボン」の電源ケーブルを発売する。
この「銀箔リボン&銅箔リボン」という素材と形状の組み合わせはとても素晴らしい音を作り出す。
少なくとも拙者はこれをとても愛している。

で、なかなか素晴らしく、拙者のような偏執狂一部で人気が出ると素材を銅線とか一般的なチープな線に変える。しばらくは勢いで売れる。
しかし、それはチープな線のケブルなのでマニアは「ん?」となり大概売れなくなるので、どんどん値段が下がる。
このアタリを気付くかどうかはケブルをバラスか、または「耳」次第だが安いものは危険大だ。

しばらくするとシールドとかを変更して違うモデルで「銀箔リボン&銅箔リボン」ケブルを発売する。もちろん高価だ。その後安くなり中身も変わる。
とゆーことを繰り返している。

最近のこのメーカーのケブルはすべて銅線でとても危険な状態との情報がCIAケブル調査班からメールが来た。
ゆえにマログでelectraglide社のケブルを使っているなどと書いたので、今回はあえてその危険さについて書いた。

拙者??
拙者はココの新しいモデルがでると目は血走り脈拍があがり、手に入れるまで眠れぬので、今後も手を出し続けるが、もうやめちゃった、という噂もある。
[PR]
by conrans | 2007-12-04 06:56 | オーディオ トップ▲
<< スタバ同様に注文悩む922 鬼太郎カリー >>