日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2007年 11月 20日
サザエさんに望む
サザエさん。
60年前生まれたベストセラーで我が家の女子達も毎回観ている。オロロ。

しかし、磯野波平とフグ田マスオという大黒柱と副大黒柱はナンでしょう。
悩みもなく至極ご気楽に働いてるとゆーか、のほほんと定時まで窓際で過ごし、赤提灯ででれでれと飲んで帰るとゆーか「大黒柱」が随分お気軽に描かれているではないか!!
ご隠居さんじゃあないのである。どうして現実を描かぬ!!!

わが能力の限界に悩み、業界の競争に苦しみ、上司や部下との関係に悔し涙し、お客さんとのさまざま複雑な関係の中で胃に穴が空き、時代の速い流れに置き去りにされ、デスクに座れば加齢臭がするとオフィース女子から嫌がられ、もう拙者は死んでしまったほうがいいのではないか、しかし、お前たち子供たちの為にも逃げるわけにはいかぬ、生み育てなくなった親にも申し訳が立たぬと精神的にも肉体的にもギリギリまで追い詰められても泣き言を言わず歯を食いしばって生き抜いている現実の「大黒柱」の姿、その壮絶なゲンジツを正確に伝えて欲しいのだ。
このままでは今後も磯野波平とフグ田マスオを通じて「大黒柱」の仕事というのは随分お気軽で、いつも酒を飲んでいる禿げのちょび髭親父と理解をするではないか。

是非、来週からは「波平 リーダーシップの欠如に悩む」とかを放映し、現実社会を正しく伝えて欲しい。切なる思いを記して筆、いやキーボードから指を離す。
本当に日本国の将来のためにも強く望むところだ。
e0047038_557266.jpg

[PR]
by conrans | 2007-11-20 05:57 | つぶやき トップ▲
<< hungry? またまた期限改ざん? >>