日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2007年 09月 20日
別れと出会い
この日がやってきたン。
WADIAのCDトランスポートWADIA7との別れだ。
切れ込みが良く、腰の深い音で約3ヶ月楽しませてくれた。
解像度も高かったが、お世辞にも聴きやすいとはいえぬ音で支持者は少数だったが拙者はとても気に入ってただけにちと辛い別れになった。
e0047038_5144162.jpg
そしてやってきた新人はWADIA7の前のヤツと外見がそっくりのマークレビンソンno31.5Lだ。以前のやつは31。
31はフィリップスメカらしいちとナローで聴きやすい万人向けモデルだった。
e0047038_51535.jpg

さっそく試聴。
ん?この31.5は31と音の趣が違うゾ。
解像度はWADIA7が勝るが31に感じたナローさが無い。
マークレビンソンらしく音楽的にも聴かせる印象。ほほ~~いい感じ。
小野リサの声がすぅ~~っと伸びゆく感触がとても気持ちいい。
そりゃそーかも。この31.5って買うと210万もする。
しかし今年になって47研フラットフィッシュ→エソテリックP-0s→エソテリックP-70→マークレビンソン31→WADIA7→マークレビンソン31.5とCDトランスポートだけで6台目。ハハ。

事情があってのことなのだが無償で随分と楽しませてもらっているなあ。
どう落ち着くのか分からぬがこれはこれでマイオデオライフだ。
[PR]
by conrans | 2007-09-20 05:16 | オーディオ トップ▲
<< 静かに深く・・・ 「平太周」の普通のラメン >>