日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2007年 08月 17日
横河原・若竹食堂
お盆も終わり、お、ぼん、ぼんじゃございませんか、ぼん、ぼんとゆーことでおぼん時期に行くのが東温市横河原「若竹食堂」
e0047038_752883.jpg
お店にはいると、先輩がいた。会うのは10年ぶりくらいか。
3歳の女の子と来ていて「お孫さん?」と聞くと50で出来た子供とのコト。奥さんいくつなんだろうと思ったが聞かず、相席して四方山話に花が咲いた。
あ、そうそう、目的は「どじょう汁」なのだが、極太手打ち田舎そばも食いたい、中華そばも食いたい、冷やしそばもある、などとなにせ1年に1度なので気移りしていけない。さーて、きました「どじょう汁」
e0047038_7521922.jpg
そうめん、ナス、サトイモ、みょうが、豆腐など汁といえども780円なりのボリュームだ。
毎年、若竹の「どじょう汁」を食って夏の疲れを残さぬようにしている。
おそらく7,8月くらいの限定メニューだと思う。
あ~うまい。どじょう感は無くて味噌味が五臓六腑にしみわたる。さあどじょうのエキスよ体中にいきわたるがヨイ~~~。
e0047038_7523118.jpg
で、これも年1度の創業120年「門田商店」で105円のアイスキャンデーイチゴを購入し、なめなめ運転しながら、ジツにうまい、色素と香料な~んてウマイんだ、幸せは歩いてこないだ~から歩いてゆくんだね~~~などとハッピータイム。
しかしハッピーは続かず、オフィースに帰ると、問題難題山積で五臓六腑に疲れがしみわたった夏の午後。
もうどじょう汁パワーを使い切ってしまった。ああまた行きなおそう!
e0047038_7531686.jpg

あ、そうそう「若竹食堂」の名物はこのジャンボいなりだ!
ほのかな柚子の香りでさっぱりとした味。ジャンボだが軽く食べられるゾ。1個190円。
コンビニでは味わえぬ風合いでおみやにピッタンコ!
[PR]
by conrans | 2007-08-17 07:52 | 外食 トップ▲
<< バレーカメラマン AVアンプSU-XR700 >>