日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2007年 07月 11日
寿司や「一朗」
寿司、てんぷら、しゃぶしゃぶ、すき焼き、といえば財布が薄くなるニポン料理の代名詞だが、伊予国には「なかしま」以外にてんぷら屋は聞いたことないし、しゃぶしゃぶ、すき焼きは知らん。
とゆーことで寿司や。
ぶ厚い財布をチョッとでも薄くしてクールビズしようと噂の寿司や「一朗」へやってきたン。
白木のカウンターに白木フレームで黒い座面のハンス・J・ウェグナーのYチェアー。
いやいや拙者好みの素晴らしいインテリア。
10席ほどあるカウンター席はYチェアーもあいまってとてもリラックスできる。
おまかせでたのむと、お刺身から始まり、途中野菜を焼いてくれたりして、その後にぎりと続く。
寿司やのカウンターでフォートも無粋なので今日はくうのに集中する。
e0047038_6531613.jpg

塩氷で冷やす小さな木のネタケースが1台。あとは野菜がディスプレイされているのみ。
新鮮な白身魚や貝やヒカリモノの刺身は塩や醤油や生姜醤油など丁寧に皿を変えて出てくる。
もちろんネタがいいのでうまいし、薬味を変えてのサービスに抜かりが無い。
新鮮野菜の焼き物がジツにいい。野菜って焼くだけでこんなに旨いんだと改めて感じる。
で、にぎり。
シャリは回転寿司の半分の大きさでまだぬくめの状態。醤油をたらしてサービスされる。
拙者の舌は回転寿司のそれなのでアテにならぬのだが、ちと気になったのがシャリの塩と塩加減。ちくり弱く感じるくらいシャリの存在感が無く、小さいのでなおさらだった。
いや、もしかしたら、コレがネタをおいしく食べさせる本物のにぎりかもしれん、やはりちと弱いか、うぬ上品かもしれぬ、などと禅問答が続いたが答えが出ないので、次回訪問時に再確認してみよう。

それにしてもモダンなデザインとフレンドリーなサービスが素晴らしいとてもナイースなお店だ。
髪の毛同様財布も薄くなった雨の二番町。ラーメンストリートに「一朗」はひっそりと佇まう。
[PR]
by conrans | 2007-07-11 06:52 | 外食 トップ▲
<< 大学生とワークショップ 今日のフォート日記 >>