日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2007年 07月 03日
周平の冷やし麺2007
落とした財布は交番に届けられているし、同行二人の白い服を着て歩けば食いもの飲み物をくれるとてもナイースな美しい国ニポン。
しかも、新作ラメン発売となれば「オタ」と称する赤ら顔の肥満したシトたちが開店前から来てるとゆー、金正日じゃなくても、オマエラえーかげんにせいよな成長を実感する国ニポン。
えーすっかりオタの拙者も「周平」さんへ新作の冷やし麺を食いに出かけオタ。
他の肥えた赤ら顔もみ~んな今日から発売の「冷やし麺」。
ハハ、肩でも組んでコサックダンスでも踊りたいところだ。
早速注文し眺めていると、昨年の「トマトの冷やし麺」程ではないにせよ中々工程がかかる様子。
さ~てきました。
e0047038_6313215.jpg

サニーレタス、オニオンスライス、トマト、出汁のにこごり風、黒胡椒のマヨネーズがトッピングされ、肉系のトッピングは無し。
出汁は火入れしてない生揚醤油(きあげしょうゆ)とかぼすの元酢がベースのようで、自然な酢の香りがとてもフレッシュ。
一味が利いた平打ち麺はシコシコピリリと暑い夏を吹き飛ばせ~ってな感じでうまい。
ほほーいけるじゃないのと一安心って周平の親かっつーの。
しかぁし、この自然の出汁にこりゃミスマッチングだろ?と思うのがマヨ。
一口くって拙者はマヨを出汁に混ぜてしまったのだが、一気にマヨ風味に包まれて醤油の風味ややわらかな味わいが台無しになった。
酢と一味とマヨネーズと黒胡椒がお互いに主張し合い一体感が無くなりジャンクさを増すのだ。
ヤーングなラメンオタにはこれがナイースなのだろうか。
うーむこれはオサンオタ向きではなくヤーングオタ向きのメッセージだとすると、これは参議院戦の行方を大きく左右する大問題だ。
再度訪問し、その辺について深く掘り下げたいお昼時である。

あっ、単純にマヨ無しで、と言えば済む問題じゃん。
[PR]
by conrans | 2007-07-03 06:33 | 外食 トップ▲
<< ラーメンショップのネギつけ麺 スマイルパナップ >>