日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2007年 05月 27日
やけブルマン
散髪やが1000円で、螺旋回しや金槌は100円の時代。
数年前まで宴会と言えば10000円が相場だったが、いまや5000円だろう。
デフレが続いている。
なんのこと?

以前、ツマランズが家出した際に、しばらくして帰ってきたので、何処行ってた?と聞くと、腹が立ったので近くの喫茶店でブルマンを飲んだという。
2500円だったらしい。
やけ酒のできぬ女子はやけブルマン、ということを知る。
ということで月末のイライラが最高潮の拙者も「やけブルマン」
新空港通り「茜屋」だ。
フォート右が「やけブルマンno.1」
e0047038_6494684.jpg

数字数字、人間関係、何かと神経がピリピリとケバ立っているのを、ふわっと和らげてくれる、やわらかい味わいのブルマンで、良質の水を飲んでいるような錯覚さえ感じる。
胃の中にやわらかな何かが吸い込まれ、自然と気分が落ち着くのだ。
なるほど、ツマランズも喧嘩して家出した時にこんな風に癒されたのか、と納得。
尚、「茜屋」の「やけブルマンNO.1」は1600円。
やけ酒よりは安くすむ。
やはりデフレの影響か、2500円よりはお安くなってきているようだが、効果は抜群。尚、1000円で普通のブルマンもあるが、やけ問題に効くのは1600円のほうである。ゼナも1000円のより1600円のほうが効くのと同じだ。
ビージネスや夫婦関係でイライラしている諸君。
やけブルマンNO.1の効果を是非お試しアレ。
拙者はいつでも付き合うゾ。
[PR]
by conrans | 2007-05-27 06:49 | つぶやき トップ▲
<< もうひとつの育毛? 18禁? >>