日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2007年 05月 03日
トラットリアVIOLA
コンランズ君、あの紅白の歌、私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に 千の風になって~~とゆーのは何事じゃ!
ほだら、墓参りするなっちゅーことか、と朝から長老の長愚痴を長時間聞いてホトホトしてたときにnomchanからTELを頂戴した。
助かった!
長老、ちと大事な用事が・・とゆーことでnomchanとランチ。
「みうら」へ行こうとしたら「びおら」とつぶやくnomchan。えっ?
e0047038_6263995.jpg
ほらっ、いけちゃんもウマイと書いてたジャン、などというのだ。
おっさん二人で昼からイタリアンか~、ホモっぽいの~と思いつつしぶしぶ階段を上ると、中々いい雰囲気のセントラルオープンキッチンと店内が広がっていて驚いた。
いいじゃん!
ほほ~と思って奥に案内されると思いきや、一番末席の入口横。
ヲイヲイ、おっさんをこんな場所に座らすと、来店客を舐めるように見まわすぞ!
ってなことで気を落ち着けて、注文は1300円のスパゲッティランチ。
4種類のスパゲッティから選べるのだが、当然ナポリタンやミートソースではなく、本格的なメニューからスパゲティが選べて楽しい。
若いシェフって素敵。ごめんDUETシェフ。
拙者は生ハムのクリームスパゲティ(スパゲッティ・プロシュート・ディ・クレマ)をチョイス。
インサラータがやってきてガビン。生ハムのインサラータじゃん。
e0047038_627288.jpg

思い切り素材がかぶったな~と思いつつ、パルミジャーノのかかったインサラータを食べると、これがウマイ。モルトフレスコ!
うん、パスタも期待大。おっ、パスタといったらオッサンだった。都会のヤーングはゲスパだったン。←このネタどこかで書いた記憶があるな。
さーて、きましたプリモピアットでソーロピアットの「生ハムのゲスパ」。
e0047038_6271874.jpg
ほほ~グアンチャーレ風に生ハムを仕上げていて、グリーンピースも半分にキチンと切られていて、しっかりラボーロしてますな~。
ズビズバ~~、う、う、うまいというのも風味を逃してもったいないほどうまい。
パルミジャーノも乳の香りがしっかりしているし、生クリームも上質。ゲスパのゆで加減も絶妙。末席で手を叩いた。ボーノボーノだ。
e0047038_6273397.jpg
ドルチェにエスプレッソを味わい大満足のランチであった。
残念なのは、前手にnomchanでタボラがトイレッタ入口そばだったことかな。
伊予国でイタリア料理など食うもんじゃないなどと思っていたが失礼。
これは夜な夜な、右手にワイン、左手に生ハム、前手に美女で料理を楽しみたくなったン。
やおらびおらファンになったのであった。
超お勧め★★★★★
[PR]
by conrans | 2007-05-03 06:28 | 外食 トップ▲
<< kalista使いの熊五郎さん... ジャンボうどん「高木」 >>