日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2007年 04月 24日
G-03X
Tさんと電話でハナシた。
G-0s、G-03X、アンテロープOCXを試聴したそうだ。
拙者もデジタルケーブルVALHALLAとAET+電源ケーブルSYNAPSES2をお貸しし、この比較試聴を興味深く見守っていたン。
そのハナシの途中経過をちょっとだけ書く。
e0047038_638302.jpg

Tさん宅ではなんとG-03Xに最高の軍配が上がった。
んん、G-0sがルビジウムで時計的に優れているはずだがなぜ?
元祖OCXのアンテロープOCXがオヨヨなのはなぜ?
G-0sのトランスが変に音を悪くしているのではという推察。
中低域の押し出し感あるがG-03Xのほうが正確な感じだそう。
esoteric開発陣が、アンテロープOCXよりもいいものを開発しようとしたのだろう。
なるほど。
使いこなしにも対応しそうなG-03Xが予想外のパフォーマンスを聴かせるというのだ。
44.1khzはもちろん88.2khzにしても音は薄くならず、むしろ88.2khzの方が良いソフトが多いようで、クロックの効果を十分に味わえるようだ。
デジタルケーブルにも感度ビンビンに反応し、AET、ヨルマデザインはオハナシにならず、やはりVALHALLAに止めを刺すとのこと。
逆に電源ケーブルはなんと標準品でも結構いける。
G-0rbがどうだかは分からぬが、G-0sよりもG-03Xがナイースなコトでまた悩むシトも出てくるだろうな。

いずれにしてもいいデジタルケブルが要るので金はかかるが、WORDSYNC接続ができるESOTERICやDCSをお使いの方は十分G-03Xがその金額の効果があり、かなり遊べるというわけであります。拙者のようにWORDSYNC接続ができぬ機器をお使いの諸兄はG-25Uでチマチマ遊びましょう!
99.9%の方には不必要なハナシでした。ではまたよろしくお願いいたします。かしこ。
[PR]
by conrans | 2007-04-24 06:39 | オーディオ トップ▲
<< 蒲田・インディアン Fさん邸オフ会 >>