日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2007年 04月 06日
吾輩は猫である
そもそも伊予国とゆートコロは、土佐や長州が革命だ変革だと騒いでいても、温泉につかって酒をのみ、俳句を詠んでいたような土地柄であるが、伊予国ゆかりの夏目漱石氏もこのように書いている。

「吾輩は猫である」by夏目漱石

「彼等のあるものは吾輩を見て時々あんなになったら気楽でよかろうなどと云うが、気楽でよければなるが好い。そんなにこせこせしてくれと誰も頼んだ訳でもなかろう。自分で勝手な用事を手に負えぬほど製造して苦しい苦しいと云うのは自分で火をかんかん起して暑い暑いと云うようなものだ。」

これは「ええじゃないか」に通じるネガティブ思考なのか、もっと大局から人生を見よというポジティブ思考なのかは分からぬが、伊予国のシトはどちらかとゆーと気楽思考かもしれぬとわが身を振り返り思ったン。
拙者には「ご気楽、ええじゃないか」を与えるとトンでもないことになるので、やはり、危機感を持って苦しむほうがバランスがとれるんじゃないかなあ。
[PR]
by conrans | 2007-04-06 06:33 | つぶやき トップ▲
<< もうひとつの桜 こんどうatレイディ >>