日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2007年 04月 05日
こんどうatレイディ
連日の食いすぎ解消の「キャベジン」を購入しにレイディー薬局へやってきた。
まず、こんどうさん研究家の拙者はひとけのないその売場にまたまた意味なくたたずんだ。
う~む、やはり、松本清の半分以下の品揃えかあ。
松本が店舗の中心部にこんどう売場を配置し、用途別、サイズ別、ブランド別にPOPを使い積極的マーチャンダイジングをしているのに比べて、レイディのほうは、所詮こんどうさんなど日陰の身、すみっこの売場で消極的でえーんじゃい的である。
愛用のビッグボーイもない・・。
う~む、やはり悔しいが、松本の勝利だ。
e0047038_7441247.jpg

こんどうさんにこだわる「こんどうマニア」は松本だろう・・・と思って客層を見渡した。レイディはジツに客の年齢層が高いことを発見する。
そうか、こんどうさんのターゲット層が少ないのだ。
腰痛肩こりの薬やインスタントラメンやパンやらを買うおじいちゃんおばあちゃんが中心ターゲットなのだ。こんどうさんなど必要がないのか!
松本にはおしゃれなヘアーシャンプーやムースや化粧品を買うようなヤーングが中心ターゲット。こんどうさんが大いに必要!ゆえに、こんどうさん売場が広い!!品揃えが深い!!

ここにコンランズこんどうさんマーチャンダイジング論が完成する。
お店の客層は若い=こんどうさん売場は2ラックは必要。
客層がおじいちゃんおばあちゃん=こんどうさん売場は少しでオケ。
そのうち、コンサルタントとして独立する予定なのでノウハウはこのくらいにしておこ。ハハ。
[PR]
by conrans | 2007-04-05 07:54 | つぶやき トップ▲
<< 吾輩は猫である 大洲のめんめん >>