日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2007年 03月 29日
元祖?カレーラメン
天下一品の反則技、いや販促技「カレー醤」トッピングについては先日お伝えしたが、その後コレを食べたというシトもおらず、カレーラメンは不人気なのかの~と心配になり、またぞろ、昔からある「豚太郎」のカレーラーメンはいったいどうなっているのか、と動悸がハゲシクなり、もしかして、保守的伊予国、カレーラメンなるメニューも戦力外追放されているのではないか、中国あたりに飛ばされている(中国の方すみません、比喩です)のではないかなどと「豚太郎総本部」というこれまた壮大な店に来た。

「味で勝負!するわりに大きな看板!」
e0047038_7525375.jpg
ココは土佐藩から脱藩し総本部を伊予国に移した坂本竜馬の血を引くお店で、伊予国の横並びの甘辛い味付けのどっちつかずのマンネリな中華ソバ文化に、塩、しょうゆ、ミソ、そしてバタートッピングで改革ののろしをあげ、自民党保守王国伊予食文化に大きなショックを与えたともいえる。
e0047038_7531860.jpg

さて、店内もメニューもとても清潔でサービスが行き届いていて拍子抜けする。
その昔、花園町に豚太郎があり、通いつめてたためが、メニューが壁一面に貼られ、店内は脂ぎり、くわえタバコと腹巻で不機嫌そうな親父さんがジツに絶品のカレーラメンを作っていたので、そのイメージを引きずっていたわい。

塩バター野菜、とかミソわかめなどのオーダーがはいる中、拙者はカレーラーメン470円を注文。卵をトッピングすると、すでに卵は半分乗っているので1.5個の卵を摂取することになるのは学習済み。
さ~きましたン。
e0047038_7533142.jpg
ズズー、MM、ズズー。細切れ野菜とばら肉が特徴のカレーラメンだが昔と味が違う。
拙者の今のスマートな体型は一部豚太郎のカレーラメンで作られているので分かる。
ちと特徴に欠ける普通においしい保守派なカレーラメンになっている。まず辛くないのだ。完食し考えた。
多分、店主も伊予国の保守風に押されたのではないか、いや、そうか、こういう考えもできる。個性を出したい客は、トッピングしてみてね!というのかもしれん。
そう考えると「チーズ」なるトッピングがあるのがカレー向きだが・・。
それか!行間を読めんかった。
次回はカレーラーメン、チーズわかめバターチャーシューでいこう。
これぐらいやると天下一品カレー醤に勝てるだろうし、値段もコレくらい乗せても天下一品と変わらぬのだ。しかし、一人でこれをオーダーするには勇気があるなあ。

一緒に誰かが「みそチーズ」をオーダーしてくれればいいのだが、と思う拙者も既得権保守派であるン。
[PR]
by conrans | 2007-03-29 07:53 | 外食 トップ▲
<< マックのモニター みうらの「元祖」 >>