日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2007年 03月 07日
かめやの真実。
まつちかかめや、はなくなったが立花かめやは大繁盛。
松山名物の暖簾も凛である。
ということで立花かめやで「たぬきうどん半々でね!」と半々コンランズ卿が申し述べたところ、かめおばばは、ン?ンン?と珍獣でも見る顔つき。
拙者もン?ンン?と返したところ、かめおばばは述べる。
たぬきうどんは元々半々です!!
んが~~~~。
とゆーことで、前回のかめおねいにまんまとしてやられたのだ。
しかし、この「たぬきうどん」だけ出汁が肉うどんだし+普通だしとゆーのは、よーく考えてみると、これは理路整然としているのであって、たぬきうどんなので、肉うどんの肉なし、天ぷらうどんの海老なしなのであるが、ゆえに、お出汁も肉うどんの出汁と普通うどんの出汁が半分半分とゆーわけなのだ。
なーる。
しかし、ごつううまい。
まつちかが閉まってから、もうかめやの暖簾は立花が守る!とゆーくらいの気合を感じる味なのだ。
e0047038_6184038.gif
やっと半々の謎も解け、次からは単に「たぬき」で良いことも分かり、したり顔が通用しないこともしっかり理解し、めでたしめでたし。
ポンポンたぬきの腹太鼓がふと聞こえた気がした昼下がり。もうすっかり春である。
フォートはたぬきのせいです。ぽんぽん。
[PR]
by conrans | 2007-03-07 06:18 | 外食 トップ▲
<< 春の春光亭 渋滞のウレシ >>