日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2007年 02月 15日
松屋。
江戸で松屋に飯でも食いに行こうといえば、牛丼であるが、ここんちの松屋はこんなの。何屋さんか分からぬン。
同伴のnomchan.comが「鍋焼きうどん」の名店だとゆーのでご一緒した。
e0047038_716267.jpg
バレンタインデーなのに男二人旅である。辛いが毎年の事である。
さーて、明治時代から続く伊予国の松屋はいかに。
入店するとテンガロンハットをかぶった変人奇人の知り合いとかがいて、よおっ!久しぶり!などとなったりして虫の知らせか。
しかしながら、この店のショーケースにはいなり寿司やチラシ寿司と一緒にペコちゃんが飾ってあって、この店が拙者と同じく「不二家を応援する会」の会員同志であることが分かり親近感がわく。
e0047038_7151327.jpg

定石通り拙者は「鍋焼きうどん」をオーダー。nomchanは中華そば。
しかし店内、店員すべてがレトロで、こんな時代もああったねと~と中島みゆきを口ずさんでしまった。
さーて、きました。
e0047038_7152588.jpg
アルミ鍋も使い込んでいるン。
出汁をずずっ。醤油が効いて甘くなく、ちと「出汁の素」の風味がする。
まま、完食し、男二人は顔を見合わせた。中華そばも「出汁の素」の味だったようだ。
われわれは出汁の素などにひるむことなく、ノロウイルスにまけることなく、飯を食い続けることを固く誓ったのであるが、気合と裏腹にちと舌がしびれ、短い足は貧乏ゆすりをはじめた。
さて、店を後にし、ふと前を見ると、「東」というお好み焼き店。
e0047038_7153618.jpg
ほほー、宮崎で「そのまんま東」も頑張っているが、こんなとこに「東」があったのかとフラフラとハシゴ。
腹八分目という先人の教えも上の空な、お昼時。
異常な我等に異常な気象。冬なのに20℃である。オロロ
[PR]
by conrans | 2007-02-15 07:16 | 外食 トップ▲
<< ゴスペラーズ えひめのディズニーランド >>