日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2006年 12月 14日
テンプテーション・オブ・天下一品
今年の後半、周平のトマトの冷やし麺の終売以降、愛する店数件をハシゴする安穏とシアワセな日々が続いていた。
しかし、ふらりと憎きチェーン店に足を踏み入れ、すっかり口を許し呆然とする拙者がいた。
天下一品だ。
毎回帽子を深くかぶり、サングラスをかけて訪問している。
まわりの評判がすこぶる悪く、かばい守るという親心などが芽生えたのも身を落とす事に拍車をかけた。
ある時、鶏の唐揚げ研究家でもある拙者は単品でからあげを注文するより「からあげセット」の方が安いので、セットでご飯はいらない旨を告げた。
すると、いや、セットにはどうしてもごはんは付けないといけない、そうしないと天下一品のシステムそのものに支障がおきるし、次々と例外を認めることとなり、そうなると水着の女給が現れたり、野菜マシマシ脂多目などとラーメン二郎のように呪文を唱える客も出てきて非常にまずいので、ごはんは食べなくていいから出させて欲しいという事を言われた。
すべての客の行動は想定内の中にありマニュアルが作られているのだ。
出店立地からメニューの差し出し方まで当然すべて決まっていて例外は無い。

黙々と名無しの客は、店のシステムとおりに行動するだけ。
1日10回通おうが100回通おうが特別扱いはしてもらえなく、決まったサービスが繰り返されるだけ。キャバクラ通いの空しさにも似て、なんと中身が無くツマランことよと分かりつつ通う。
なんだか、中身が無くても生かされていて、枠からはみ出せぬ自分自身を投影しているのかもしれぬと、ふと思った。

この濃いスープ、なぜ切れがいいのか?悶々は続く。
e0047038_663496.jpg

[PR]
by conrans | 2006-12-14 06:06 | 外食 トップ▲
<< GRAMMY賞ノミネート! アイデアル・オブ・みうら >>