日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2006年 10月 31日
ちゃ乃肴(ちゃのこう)
浜松に到着し、早速うなぎパイ・ファクトリーツアーです。
e0047038_6171828.jpg

夜のお菓子とは夜の一家団欒という意味だとの説明にそんなことは無いでしょう!
夜のお菓子のお土産を頂戴し、一行は浜松の夜へ。
まずはうなぎ。店名は大黒屋。繁華街にある老舗かつ普通の食堂的なお店。
e0047038_6174246.jpg
ビールをぐびぐびやりながら白焼き、うな巻き、うなざく、上うな重をいただき、お腹イッパイ。
こころなしか下半身にパワーがよみがえったような気になります。
これに夜のお菓子うなぎパイを食えば、うわーはっはっはっのハズ。

さて、ジツはここからがおもろかった。
浜松市のH氏(HなのではなくK大コーラス部出身のダンディーさん)が、連れて行ってくれたのは「ちゃ乃肴(ちゃのこう)」なる店。
地下の階段を下りると、なぬー??みんな食事をしているではないか。
拙者らは、もはや腹は100%うなかもね状態。
この店予約しないと入れないんですよと洋風居酒屋風のお店にドンドン入っていきます。しかしこれがびっくり、田舎には無い形態だったのです。
e0047038_618992.jpg

簡単に説明します。
お店はフォート参照。
テーブル席とカウンター。
食事はイタリアンや和食、洋食があって居酒屋メニュー風。
ドリンクはボトルキープからショットやカクテル、おつまみも充実。
和食、洋食のシェフがいて、食事は本格的のようです。
営業時間は18時-24時。
しかし、ここからがほかになく、無茶苦茶はやっているこの店の理由。
なんと、ウエイトレスさんが客席に一緒に座っておしゃべり。
くわ~~~~!!しゃばだば~~~!!ちょげ~~~!!
奇声をあげるしかないサプライズな世界。
e0047038_6183033.jpgしかもウエイトレスさんはフォートのようなお昼はOLをしているアルバイトのカワイコ素人ちゃんぞろいで、これにはまいりました。
そう、洋風居酒屋にスナックがくっついたようなスタイルともうしましょうか。
1次会と2次会がドッキングともうしましょうか。
かわい子ちゃんと同伴しているともうしましょうか。
オフィースの子とご飯を食べに行っている感覚ともうしましょうか。
くわ~~~~!!
無茶苦茶な繁盛振りでこりゃ盛り上がります!!!
拙者らは、食事を済ませてきたのでお酒とおつまみ、キミの笑顔をオーダーするよ、などとハズカシなことをいうオジサンもいましたが、こういうスナック的な使い方は珍しく、みんなうまそうなパスタや料理を食べながら女の子としゃべっています。
ううむ、こういうのは浜松にしかないのか分からないが、とても新鮮な気分でした。

これは、久々のマーベラス。10STARS!!★★★★★★★★★★
[PR]
by conrans | 2006-10-31 06:26 | 外食 トップ▲
<< 味の時計台 名古屋・矢場とん >>