日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 10月 27日
DACがオロロ
DACが故障した。DACとはDAコンバーターといい、CDのデジタル情報をアナログ変換するという機器。オーディオマニアしか決して使わない特殊武器だ。デジタル信号を認識しなくなったのだ。
このDAC、今はなきVIMAKというアメリカのメーカーで百数十万円の高価なものだ。オロロと輸入元に連絡し、送ると修理に数週間かかるとのこと。
数週間かかろうが数ヶ月かかろうが修理可能と分かり安心して涙がちょちょぎれた。
しかし、修理期間中に音楽が聴けないと禁断症状がでて、春光亭に毎日行って雑炊を平らげたり、みうらに毎日行って昼からステーキに鍋焼きうどんにトンコツヤキソバウドンを食ったりしてしまうだろう。
それぐらいならいいが核開発をしたりロケットを打ち上げ、悦び組を編成し、腹もキムジョンイルのようになるだろう。
マズイ。
e0047038_613073.jpg
ということで我が家のソニーのDVDプレーヤー『DVP-S501D』をつなぎ音楽を聴くことにした。この機器は調べると1998年製で当時88000円。
家で映画をほとんど楽しまないコンランズ家はコレを使ったのは数年前の幼稚園の発表会DVDを見たくらいと記憶している。
さて、前置きが長くなったが、予想通りの酷い音である。レンジはせまく、音楽がつまらなくて、これがわがスピーカーから出る音かと泣けてきた。高価なケーブルもDVDプレーヤーには効果なし。
ということでビージネスついでに迷惑ながらT氏宅のハイエンド&ナーイスな音をしばし浴び禁断症状を治療し帰途に着くのであった。
e0047038_6132050.jpg
フォート見るだけで凄い音が出そうでしょ。
[PR]
by conrans | 2006-10-27 06:14 | オーディオ トップ▲
<< にしきそば。 1980万円 >>