日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2006年 10月 08日
天下逸品、いや一品
牛丼は吉野家より三河家、チキンはケンタッキーよりみゅんへん、肉は松坂牛より伊予牛絹の味、醤油はキッコーマンより田中屋、味噌はマルコメより義農味噌、などと地元贔屓な拙者だが、一度は経験ホトトギスとゆーことで天下一品ラーメンに突撃だ。
昼時を避けて11時過ぎに行ったが満席、オロロ。残念ながら混んでいる。
数分待ちでかわいい女給に案内され着席。
秋祭りの最中だが、この店も天下一品祭りをやっているとのことで、女給がお神輿のようにワッショイとラメンを運んでくるのかと思ったら、単なるスピードくじを運んできた。が、こういうくじに滅法強い拙者は、プロジェクターライト(屋台)が大当たり。
e0047038_6265299.jpg
さて、注文はラーメン大700円。
厨房を見渡すと系列の食材卸会社から仕入れた食材が並び、所詮地元に落ちるものは何もないってことよのー、地元産は女給くらいか、などとヒネクれた田舎根性丸出しで待っていたら、さあできました。
e0047038_627651.jpg
スープを一口。オヨヨ、ウマい!
あの博多・一幸舎を彷彿させるトンコツスメルに似たケイコツスメルが鼻腔に突き刺さり、とろりとしたポタージュ感も素晴らしく好みだ。味は一幸舎に醤油がプラスされた感じか。
麺はエッジが立ったしっこりストレートでスープに負けずしっかりとしていて文句が無く、そのウマさにズビズバ身をゆだねてしまった。
イカン、これでは会ったその日に体を許してしまう!
あとくちはどうだ。これもキレがいい。ウムム。
ああ、イカン。
堕ちてゆく~~~。
帰りに女給からおめでとうございます、とくじの当たりをもらった拙者は、もはや許したも同然の体を何とか支えながら店外へ飛び出るのであった。
とりあえず口だけ許したことにしたお昼時。
みるとすでに体を許した客の行列ができていた。心は許さぬぞ、オソロシ。
[PR]
by conrans | 2006-10-08 06:27 | 外食 トップ▲
<< ないすないす? オーディオはてな >>