日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2006年 10月 02日
THE Resentments
THE ResentmentsというテキサスのBAR BANDのライブへ行きました。
先日、後輩のせんぱい~~チケットがぜんぜん売れてません~~せんぱい~~という、こち亀の本田巡査のマネに心動かされ行くことになりました。
予備知識なしのぶっつけ本番。
予想に反し会場のbar Monkは満員御礼。コアなファンでいっぱいでしたが、後輩殿が席を用意してくれて感謝です!
拙者はロックはTシャーツだろう思い着ていったら、色が派手なオレンジだったのでマンダリンパイレーツ?などと言われてしまいました。
なるほど、まわりをみるとみなシブいロックな感じのダークTシャーツです。
今度どこかで黒のドクロマークなんぞのロックなTシャーツを買おう。
e0047038_643331.jpg

さて、THE Resentmentsはブルース、カントリーの要素がはいった大人のアメリカンロックでイイ感じ。CDも4枚ほど出しているらしく演奏もうまい。
全曲オリジナルで知らない曲ばかりでしたが、曲ごとに4人のボーカルが変わり、ノリあり、バラードありで飽きることなく楽しめました。
コアなファンがネイティブ英語でステージと楽しそうにやりとりしていて羨ましく、拙者もオーケーフォー(やや死語)などと知ってる片言英語を叫ぼうと思いましたがナントカとどまりました。
e0047038_6441863.jpgさて、バンドで特に気に入ったのは、フォート一番左のJON DEE GRAHAMというおっさんで、ダミ声がシブく、そのレイジーなロックンロールがメチャのれて気に入りました。
後日ネット検索したらソロCDをたくさんリリースしていてなるほど納得です。
つかの間でしたが、テキサスの空気に酔えた夜。
1時間ちょっと聞いた後休憩をはさみその後もライブは続くようでしたが、充分堪能したのでその

後はzioさんと2次会、3次会、4次会とロックな夜をすごしましたとさ。

ちとビージネスでテンパってたのが楽しくほぐれました。感謝です。
[PR]
by conrans | 2006-10-02 06:45 | 音楽 トップ▲
<< 長城到着 鏡花のラメン >>