日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2006年 09月 23日
六厘舎
江戸は大崎でビージネスの打合せを終え、さーてお昼前。
先様が「お昼はどんなものがよろしーでしょうか?」とおっしゃるので、うまいラメンなぞありますか?というと、この辺でラメンなら駅の向こうにはやっているところがあります、とおっしゃるので、是非行ってみましょうと相成りました。
10分ほど坂を上ったり下ったりして行きました。
「六厘舎」
e0047038_5562680.jpg
ズルッ!!11時30分なのに大行列。その数約100人。
ココはマンモス館(死語)ですか!?
先様は「今日は、多いですねえ。美味しいトンカツ屋があるのでそちらへ行きましょう。」とおっしゃるが、拙者は「並びましょう。」
偶然の出会い。駅からはるか離れた住宅地の行列のラメン店を経験せず帰国すれば、童貞と呼ばれるのに違いないからです。

しかし、並んでいてオモロかったのは、来た客が行列を見てみんなどひゃ~~~ってな苦笑いをすることです。
飛び乗ろうとした山手線のドアが目の前で閉まったときの表情。あれですわ。
タクシーで来て、行列を見て苦笑いし、タクシーで立ち去った社長さん風のヒトもいました。
先様は、並びながら商談したらよかったですね~~などと、迷惑そうでした。
確かに1時間待ちましたので、午前中、先様とお話した時間と同じです。e0047038_5565297.jpg
さて、このお店のオペレーションは、12席ある店内に12人が一同に座り、揃って食い、みんな食べたら、はい次の12人様、となるわけです。
ココはディズニーランドのアトラクションですか!?
2人なので、拙者で切られて、先様と離れ離れに、、などとドキがムネムネしましたが、大丈夫でした。
12人全員が「つけめん」です。
先様のオゴリの拙者は、ココぞとばかりに「つけめん大盛り450gに豚のせ 1150円」にしました。ちなみに普通で300g。
来ました。ドーンと0.45kgの超太麺
e0047038_5571129.jpg

茹でた後に水でしめているのかぬるいです。
つけ汁には、魚粉が盛られ、伊予の某店が目に浮かびます。魚介のいい香りの汁で、香りの質は愛する春光亭と同様のハイエンド。脂っぽさは無く美味しいです。
太い麺が口でフニクリフニクラと踊りオモロい食感です。
ただ、12人がいっせいに食いだすので、なんだか刑務所で時間を決められ、さあ早く食え!と言われているような雰囲気でもあり、自意識過剰な拙者は、負けてはならぬとスピードアップ!!
しかも、まだヤングな先様が食うのが早いのなんの。
同じ大盛りながら、スピードが拙者の2倍
最期まで自分のペースがつかめず、あせり食いの上に、大盛りがガツンと胃にきました。
江戸では、こういう魚介の和風っぽい味が受けているのかねえ~~。

ならば愛する春光亭など3時間待ちの「プーさんのハニーハント」状態になるな~と、大行列を振り返り苦笑い。
胃にラメンのお土産をたっぷり詰めて手ぶらで帰国する秋の空であります。
[PR]
by conrans | 2006-09-23 05:57 | 外食 トップ▲
<< 久万・竹森ガーデン 武蔵・斑鳩・なんつッ亭? >>