日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2006年 09月 14日
台場XX
やれまた出張なのだが、宿についてオロロ。
このお台場の見せかけだけ豪華なホテル日航○○の部屋にはLANが無い。
辺鄙かつLANも無い駄目駄目宿なのだ。
はぅーーー。
ということで、晩飯だが、みながそろって中華料理である。このホテルの中華はユメイで、以前食った時はひやーウマいなあと感動したもんだが、今宵は今ひとつ。
感動無しだったのでフォートも無しの罪だ。
2次会もホテル内で開催され、トキオのホステスにクイズ「松山ってなに県?」を出した。
10人いるホステスが全員分からず、その上、「愛媛県やけん覚えておくように!」などと答えを言ったら「あっそんな県あったあった!」などとエリマケトカゲのように言われたあと、しばらくして再度「復習や、松山ってなに県?」と聞くと「???、和歌山だったっけ?」
はぅーーーー、中村市長、わが市は愛媛ケンとゆーよりもマイナー過ぎやケン。

さて、時間は22時。時間はまだ宵の口だが、LANもなく、松山なんか誰も知らぬ寂しさを抱いてレインボーブリッジを眺めててもつまらぬので、nomchan.comから情報を得ていた「ラーメン国技館」なる何とも情けない名前の施設が目の前にあるのでぶらり行ってみた。
e0047038_5502124.jpg
ここのカリスマラメン師達は、腕組みでなく、アームレスラーの様であるなあ~などと思っていたら、ささ、どうぞどうぞなどと歌舞伎町の客引きのようにお店に連れ込まれた。
この店が何とも情けない名前の「東大」なる徳島ラメン店であった。
店員が、生タマゴ入れ放題ですのでお好きなだけどうぞ!などと言ってくれるが、すでにゆでタマゴがはいっているのに、ロッキーバルボアじゃあるまいしさすがにいらんケン。
豚バラ肉がたっぷりはいった徳島ラメンはトンコツ醤油ラメンで、肉うどんのラメン版のようでもあり、コクがあってなかなかウマい。すでに中華で満腹状態だったのだが、ズールズルと完食した。
e0047038_5505649.jpg
トキオのおなごは、松山市を誰も知らん、という寂しさを分かってくれよ徳島市!とラメン鉢につぶやいたら、ちと元気がでた雨降るお台場である。
[PR]
by conrans | 2006-09-14 05:55 | 外食 トップ▲
<< 女子プロ、名門、トーナメントコース 食いモン屋で勘違い >>