日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2006年 09月 06日
一番古い記憶?
e0047038_813315.jpgご当地で人気の焼鳥屋「炭心」。
ちょい前に、走っている自転車からアイスクリームが落ちてきたので、拾って渡すとアララ、ココの女将。たまには寄ってくださいよ、などと言ってくれたので久々にでかけた。
男は単純だ。
ジギング狂いで半分漁師のような生活の友人と、こりゃーウマい焼鳥だなあと芋焼酎などをグビグビやりつつ、将来は宮古島に住むぞとかやっぱバリだろう、あそこは昨日という単語も明日という単語も無いくらいにのんびりだ。いやあ場所より、そこで何をするかが大事だ、などとよくある酔いどれ話をしていた。
ふと、先のことはともかく、昔のことを忘れるようになったなあというハナシになり、はて、一番古い記憶はなんだろう?

酔った頭で思い出すが、鮮明なのは幼稚園の時にケンカして病院に運ばれたコトが一番古い記憶。今でも顔にクッキリ傷が残っているし忘れない。
友人も幼稚園に○○という女の子と一緒に通っていた、というのが一番古い記憶なので二人とも幼稚園までの記憶が無いのだ。
二人して、もっと古い記憶は無いのか!4歳までの人生を返せ、いやこれからに付け足してくれ!などと言いながら昔の片鱗をしぼりだし、探るが出てこない。
そのうち、高校時代のことは覚えが無い、暗かった、忘れたい!などと友人が言い始め、一人目の嫁さんも忘れたい、その前の女も忘れたい、などと酔った頭はピントがずれ始める。
ハハハ、誰だってそりゃあ忘れたいことはいっぱいあるし、拙者も言えぬが負けぬほどだ。
でも親が一番感動したハズの、自分の世にでた瞬間はきっと誰でも記憶が無いし、その時がたぶん一番親孝行した時なんだろうな、うーむこの意味は神様?などと考えていたら、〆の鳥飯と鳥スープが出てきた。
e0047038_815810.jpg
ひや~~ウマいとコレを平らげたらお腹はパンパン。オアイソをすると、鳥1羽ほど注文し平らげた記憶がすでになく、オロロ、ひとり1諭吉も飲んで食ってた食欲の秋の夜空である。
[PR]
by conrans | 2006-09-06 08:00 | 外食 トップ▲
<< 6分間クッキング 恒例・葡萄園/内子 >>