日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 08月 31日
おさーんの味覚
e0047038_7123024.jpg評判のお好み焼き屋「SUMILE」を訪問。
トキは11時30分だが、えらく混んでいる。ほおー。
JAZZボーカルをBGMにお洒落な居酒屋風の店内は、カウンターが10名ほどと席が5,6席。
お好み焼きはカウンター以外で食わぬのが唯一のこだわりであり生き様だ。
さて、拙者は広島風、連れは関西風を注文。
オーダーが引っ切り無しで、カウンター厨房は多忙を極め、それこそ居酒屋風に「○○いっちょう!」「ありがとうございます!!」など元気がよくて活気に満ち溢れている。
見ていると、そばは生麺を茹でてから焼く、三津の「日の出」風。ほほう。
たっぷりキャベツが台の上に盛られ、たぶん体にいい調味料もふりかけられたようだ。
厨房のお兄ちゃんのサインにうなずき、小さく覚悟する。
e0047038_7101353.jpg
さーて出来ました。コテで熱々をハグハグと食らいつく。
ソースは濃くて甘め、生地等の味付けも濃い目。
油っこさたっぷりの濃い口のヤング(死語)向けお好み焼きだ。
お隣のヤングカップルはうまいね、おいしいね、と顔を見合わせながら楽しそうに食べている。周りを見渡しても、みんな幸せそうだ。
トキは12時過ぎ。お店は行列である。

ごちそうさん、と暖簾をぬけながら、どうも、拙者の味覚は世間から随分と遠いところにいるんじゃないのかなーとしみじみ感じたお昼時だった。オロロ。
[PR]
by conrans | 2006-08-31 07:00 | 外食 トップ▲
<< ラストシュウヘイ 長城どこよ。 >>