日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2006年 08月 27日
もうすぐオデオシーズン。
オデオにシーズンなどあるのか!
それがあるのだ。ヒントは「鰆」・・・「さわら」である。
魚へんに春と書くが、「さわら」は春と秋が旬のおいしい魚である。

そう、オデオも春と秋がおいしい。なぜか?
春や秋は電気を汚すエアコンをあまり使わないので、電気がきれいなのだ。。
一般人は「電気がきれい?」
何をゆうとんのこのおさーんは奇妙な、となるのだが、オデオでは生き生きと澄んでクリアないい電気、弱弱しく汚れてダメな電気があり、まず何より大事なのは電気であるとゆーのは常識である。
結局スピーカーから出る音は電気の音を聴いているということだからだ。

拙宅は隣の家の2倍は太い電線で電気を引き込み、元からオーディオ用に配電盤を別途設置し、家庭内で使う電気製品と一線を画している。
その上、100Vは現代社会では既に汚染されてダメだとマイナーな200V線に電圧を下げるトランスをつけてきれいな100Vを作っている。
電気パーツのブレーカーやフューズやコンセントも通常の何十倍もするモノを使い、ネジの材質にまでこだわる。
その昔はリモコンの電波が音に悪いと、リモコンの電池を抜いているヤツがいた位だがさすがにこれは差が分からなかったよ。

目に見えるわけなどないのだが、拙宅の電気は四万十川のよーにきれいなのだ、ハハハ、どーだまいったか!とつぶやくが、自分以外にまいった!といってくれる人がいないのがこのオデオ趣味の孤独なところだが、とにかくシーズンインとゆーことが言いたい今日この頃なのだ。
e0047038_6484049.jpg

[PR]
by conrans | 2006-08-27 06:54 | オーディオ トップ▲
<< UDON観た。 優しいお味の風風亭! >>