日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 08月 20日
HOVLAND
拙者のオデオBLOGも、ごった煮BLOGに進化、いや退化をとげているが、オデオ関係のWEBにリンクやRSSが張られているのに、毎日、ひゃ~~これはウマい!ではマズいか。

とゆーことで唐突にプリアンプだ!
拙宅のオデオ機器は、どれにも愛情をたっぷりそそいでいるが、特にHOVLANDのプリアンプHP-100は溺愛している。一番長く連れ添っているのも理由だが、なんとも味のある音を出してくれ、拙宅システムのキーパーツである。
このプリは真空管だが、外に真空管を見せていないのも小粋でお洒落で気に入っている。
フォートのように遊びでブルーの光を点灯できるのも素敵で、深夜に点灯すると3つのシルバーノブが素敵にイルミネートされ、なかなか雰囲気があり、ちょいと寄ってきなよーってな感じ、いやNYシティーな感じになり、時々点灯しては悪い目つきをさらに細め、ひとりで気色悪くクネッている。
e0047038_6581661.jpg

ちとマニアなハナシをすると、真空管自体は12AX7をテレフンケンのダイヤに交換している。
真空管で音が随分と変わるのだが、HOVLANDの標準SOVTEKだとどちらかというと中域ネットリ重厚な感じだが、テレフンケンでネットリは残しつつも、上下の伸びやかさが加わりいい感じに。あまりに気に入り、予備用真空管も購入済みで準備万端だ。

ま、最近は雑誌に載る事もなく、マニアからも忘れ去られている感もあるので、ちとBLOGに載せてご機嫌うかがいとゆーか残暑見舞いというワケなのだ。
[PR]
by conrans | 2006-08-20 07:00 | オーディオ トップ▲
<< 関前村 今日も周平! >>