日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2006年 08月 18日
トマトの冷し麺 再び!
盆休みのあとはトマトの冷し麺!
とゆーことで、絶対行ってこましたろ、と思っていた「周平」の「トマトの冷し麺 8月いっぱい限定」にでかけました。今日で2杯目なんだけど、中々来れなかったのでうれしい!
お店はなかなか混んでいて忙しそう。お店がはやるのはイイ事です。
e0047038_653893.jpg
出来上がる間、ご主人の手間を見たり、お客さんの注文にソバ耳をたてたりしてたんだけど、注文は、つけ麺、油麺、ラメン、ラメン油抜き、冷し麺などなど注文はまちまち。
メニューをふやせば、注文がばらつくが、メニューが少ないと、お客さんがこなくなり大変なんでしょう。
ちらりと愛するお店のコトが頭をよぎります。
e0047038_6533250.jpg

さーて、きました!「期間限定トマトの冷し麺」
器をしっかりと冷蔵庫で冷やすところから始まり、見かけの手間は普通のラメンの何倍、いや何十倍も手間と時間がかかっていて、こりゃーありがたやーと感慨もひとしお。
野菜も値段が高いらしいがトマトも高いんだろうなあと、しかと手を合わせて感謝していただきます。
ず~るずる、ひやーーウマイ。麺もしっかりコシが出るまで冷やされていて、実にウマイ。ノドチンコがうれしさにうちふるえているのが分かるくらいウマイ。
麺に緑のノリを練りこみ技は、ご主人一流のイターリアオマージュで、うくく。
黄色いマスタードもフェラーリオマージュ、は思い過ごしか。
大目の量の麺もみるみるず~るずると無くなり、オロロ、もう終わりかあ~~でもホントごちそーさまでした。

拙者はモノゴトに「凝る」けど「拘らない」を信条にしているのだけど、「周平」の「トマトの冷し麺」はそんな凝り性の横腹をくすぐる逸品。しょうゆラメンに拘っていれば世には出てこなかったでしょうし、事実ココのしょうゆラメンはちと苦手であります。
これからも余り拘らずに変幻自在にオモロい逸品を世に出していただければなあと切に願ったお盆明け。
でも「トマトの冷し麺」には未練たっぷりで、もう腰があがっていて、明日も行ってこましたろか!などと思うほどのお気に入りなのである。
[PR]
by conrans | 2006-08-18 07:00 | 外食 トップ▲
<< 今日も周平! ごっくん ゆずドリンク >>