日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 08月 06日
ケーブル・タワー/USA
ケーブル・タワーである。オデオネタ。ハハ。
ケーブルを乗せて、レゾナンス耐性を高めるというものだ。
4個で99ドルなので1個2700円位。厚手のアクリル製なので特注で作るとまあまあ高くなるだろうが、一般のヒトはアホラシの価格である。
e0047038_910129.jpg
拙者は「elusive disk」から8個買ったが、5日で到着したのはおKなんだけど送料が5000円とこれが高い。
アメリカのオーディオ誌のレビューでは「実に感動的な音だ!」「電気の高速道路!素晴らしい!」などと書いてあったが、朝からキスはするし、男同士でも簡単に抱擁をする国のゆーコトなどマトモに信じてはいけないのだが、暑さのせいでボーっとしてたのか簡単に信じてしまった。
今回は、SPケーブル(NBS/monitor1)を浮かせて、とゆーか乗せてみたのだが、そこまではいかぬが確かに効果がある。
ケーブルを床から浮かし、空中に整理整頓することによって、空間表現に優れてきちんと整理整頓された音になるから不思議だ。
抜本的な役割ではなく、やはりサブ的な役割なんだろうけども、商品自体は予想よりしっかりしていて、見た目もよく気に入った。

オデオマニアの中には、ケーブルの下はトイレットペーパーがベスト!と、何個ものトイレットペーパーをケーブルの下に敷いているヒトがいるが、あれはいただけない。
そういうヒトにはビジュアル的にも是非お勧めしたい。
[PR]
by conrans | 2006-08-06 09:00 | オーディオ トップ▲
<< 備前の人間国宝 伊予市/麺人 >>