日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2006年 08月 05日
伊予市/麺人
伊予市の「麺人」へ麺BLOGの先輩お2人とご一緒した。
すでにBLOGでの高評価もある上、好きな熊本ラメンとゆーことで期待にノドチンコをプルプルふるわせて、さあいくぞ我らがラメン探検隊!と力んだが、「麺人」の場所が分からず車で右往左往。
ようやく看板を見つけてフラフラと到着した。
フラフラな3人はやおら怪しい目つきでラメン店の外観などをカメラで撮影をしはじめるので、他人が見たらこりゃーなんじゃーだろうな、なんだろうけど、この界隈に人などいないのであった。
e0047038_7182179.jpg

ま、そんな場所の「麺人」であるが、隣にはスポーツ用品店、居酒屋、喫茶スナックがあるので、居酒屋で飲んで、スナックで歌って、ラメンで仕上げて、スポーツ用品店で娘にお土産買って、などとまるで小さな二番町ともいえる。あ、やっぱいえない。
さて、暗い店内にはいり、早速菜単を拝見。nomchanさんはセットですよね!などと既に志向が定着しつつあったりするのだが、拙者は、BLOGの写真などでチャーシューがうまそうだとチェキしていたので、本番では迷わずチャーシュー麺を注文した。よく出来ました!
さあ、きたきた。器もりっぱ、中々本格的でうまそうだ。
普通はラメンがくると、いただきまーす、さあ食うぞ!となるのだが、ラメン探検隊はさあ撮影である!これも傍目には奇異だろう。
e0047038_719437.jpg

さて、麺は極細で、おそらくご当地最細。スープは濃くて中々コクがあり、黒いのが馬油だろうか、しっかりした味でうまい。期待のチャーシューはやわらかい豚バラで甘辛くしっかり味付けされていて好みだ。
拙者の知る熊本ラメンはもっと麺は太いのだが、ままそんなコトはよろし。
しかし、ちと麺にスープが絡まぬな、などと思ってたら、nomchan師匠が、油が足らぬかのー、とおっしゃる。なるほど!
しかし、丁寧に作られていて愛情を感じ好印象でありました。

まま、せっかくココまで来たのだから、JR駅再開発の「伊予市街中賑わい広場・町屋」がどーなっているのかを見ていこうと行ったのだが、暑さのせいか客があまりいなくて閑古鳥。閉めている店も多く全然賑わっていない。
そんな中、日曜日のみ営業するらしい奇妙な名前のお店があった。
e0047038_7192630.jpg

「娘。そば屋」
コノそば屋は日曜日のみ茶そばを売るそーなんですが、たこ焼きとアイスも売るのでしょうね。
なーーんだろーーなあ。これでイイのか町屋。暑さのせいも相まって、なんだか脳天がクラクラしてきた伊予市の午後であった。
[PR]
by conrans | 2006-08-05 07:00 | 外食 トップ▲
<< ケーブル・タワー/USA Photo is journey >>