日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 07月 31日
平家谷そうめん屋
平家谷であります。。
出発して30分、なんで高価なガソリンと時間をかけて、そうめんごときを遠くまで食いにいかねばならぬのかと後悔の念があたまをもたげ、保内にはいってからのあざ笑うようなくねくねの長い山道や対向車の多さにその念はピークに達した。
拙者もピークに達したが、平家谷のそうめん流し屋も夏のサンデーかつジャスト12時というピークに達していたようで人や車でおっぱい、いやいっぱいだ!
e0047038_7203688.jpg

ヨロヨロと道路端に止めた車から降りて、更に谷のほうを目指すと、そこがそうめん流し屋だ。大人500円、小学生250円、幼児100円という定価。ツユ碗をもらい順番を待つ。しかし、ついていた。
運良く順番が最上流の席たちに当選。流れたてが食えるのだ。
拙者は、そうめん窓口横の最上流に陣取り、下流の人たちを心の中でワハハと笑う。
我ながらそのコモノぶりにあきれる。
さあと箸をかまえ、目をサンカクにして、そうめんが流れてくるのを待つ。
おやっ、流れてこないな、と思ってると、続けざまにシュルルー、シュルルーと次々とそうめんが流れてくる。そしてインターバル。また、シュルルー。インターバル。
ほほう、そーゆーことか。流れる、取る、食う。この食う間がインターバルだ。
そうめん窓口の向こう側は見えぬが、そうめん係のおじさんとだんだん息が合ってくるのが分かる。
e0047038_7211157.jpg
このそうめんは美川そうめんとゆーコトだが、うまい。ツユもうまい。薬味はネギとタマネギなのだが、生まれて初めてそうめんツユにタマネギをいれたが、こりゃうまい!
うまい、うまいと顔は見えぬそうめん係のおじさんとしばし死闘を繰り返したが、あっけなく腹がいっぱいになった。
ユリさんらも満足のようなので、隣のニジマス釣りコーナーでしばし釣りでもと竿を投げると、これが入れ食い状態で、次々と釣れる。釣ったニジマスは1匹300円で炭焼きにするのがルールなので、ほんの5分ほどで釣りを終了し、ニジマスを食らう。
e0047038_7212854.jpg
涼しい風と森林浴で気分がよくなり、川遊びなどをして、さあ帰ろ、となったのだが、こちら方面にくると「ゆう湯さがの」の薬仁湯にはいるのが拙者のライフスタイルゆえ、ユリさんらに湯にいこうと無理をいい、一風呂あびると、もうカナカナと蜩が鳴いて夕刻になっていた。
[PR]
by conrans | 2006-07-31 07:00 | 外食 トップ▲
<< 近所のまちづくり コリーヌ#$%&+*?_※иЩ >>