日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2006年 07月 26日
呆然自失な水菓子
紫野和久傳「西湖(せいこ)」拙者の今年のお中元はコレにした。
去年の夏に先輩から頂戴して、それはそれは美味しく、狂喜乱舞したからである。
e0047038_8123487.jpg
「西湖(せいこ)」は、いわゆる夏の和菓子である水菓子なのだが、笹にくるまれたその姿は深い琥珀色で、材料は蓮粉(レンコンの粉)と和三盆(徳島・香川の手作りさとうきび糖)。
どこまでもやわらく、みずみずしく、その甘さはとても上品で風味にあふれ、ひとくち食べれば口の中をまたたく間に快感のルツボに追い込んでゆく。まるで口だけ魔法にかけられたほど異常にうまいのである。小さな水菓子ゆえど、その快感の余韻は拙者を呆然自失にしたのだ。

しかし、今年は、あげたはいいが、食べられない。
紫野和久傳のHPを見ながら、お取り寄せしよーかなー、でも高いしなー、でも食べたいなー、口・中・快・感などとクネッていたら、な、な、なんと昨年同様先輩から「西湖(せいこ)」が届いたのだ。
ヤター!!いとウレシ!!
あげたものをもらってウレシとゆーのも変なコトだが、口が魔法にかかり呆然自失な夏の日なのである。
[PR]
by conrans | 2006-07-26 08:00 | つぶやき トップ▲
<< グッチさん valhalla来る >>