日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 07月 15日
讃岐うろん
讃岐国では朝からうどんだそーでして、そんじょそこらにうどんやがある。

nomchanさんからの「いくべき!」指令に従い高松市の「池上うどん」にチャレンジ。
ココは駐車場も無く、非常に分かりにくいと聞きおよんでいたのだが、カーナビで近くまで行くと、はて、なにやら看板があちらこちらに立っていて、まなこをこらすと、これすべて「池上うどん」への注意書きみたいなものであって、ご丁寧にマップまであり、ははーーん、とすぐにハケーンできた。
e0047038_6183681.jpg
しかしながら、道すがら見える露天でうどんを食らう客の姿に、ココが「うどんや」と分かるものの、店名も記されておらず「入口 ここから入ってください」などとマジックで殴り書きされた紙が営業時間と共に書かれているだけの外観。
e0047038_6185723.jpg
まあ、快適にお客様が食を楽しめるよーな空間ではなく、こきたないしもた屋(失礼)。これで食いもんやの許可が保険所からおりるもんだとため息吐息。讃岐行政の寛大さにまたぞろ感心したのであった。
e0047038_6262012.jpg
店の戸を開けると、おっ、いきなりおばーちゃんが座っておった。テレビジョンでもユメイらしい瑠美子おばーちゃん。写真機を向けると、「6食¥880也」のお土産うどんを持ってにっこりポーズ。中々に商魂たくましい。
撮影後もお土産うどんを持ってしつこくポーズをとりつづける瑠美子おばーちゃんの影を乗り越え、そそくさとうどんを注文することに。
ダイエットのために70円の1玉のみにしよーと決めていたのだが、別の女給が「2玉?3玉?どっち?」と二者択一で聞いてきた。まま、こんなコトで伊予国の人間は小さいなどと末裔まで言われては心外なので、ここは「どっち?」のひとつである140円の2玉を注文。さらに精力の源、生卵をのせる太っ腹。170円也。しかし、勘定計算もお客がするのには笑った。
e0047038_6193837.jpg

うどんは太くてしっかりと腰が乗ったタイプで、この店の商魂のようにたくましい。麺の塩加減もきつくなく、醤油だしも美味。まじうまいじゃないのよずぅーーるずると夢中に食らって、カオを上げると、そこにはKYON2の「真っ赤な女の子」が真ん中におられました。世は平成。おなごが赤いパンツを見せてうどんを食らう平和な時代なんだなーと記念にパチリ。
e0047038_6195419.jpg
出口に「日讃製粉」なる小麦袋が置いてあったが、名前からして土地の粉。ココのうどんがうまいのはあの粉がうまいのかなーなどと思いつつ、まあユメイな日清製粉や日本製粉では興ざめだろーなーとなぜだか安堵の大きな背伸びをして店をあとにしたのであった。
[PR]
by conrans | 2006-07-15 06:15 | 外食 トップ▲
<< 讃岐うろんDEUX 荷車オブ讃岐国 >>