日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2006年 06月 02日
MIT MAシリーズ
拙者はMITのユーザーである。
電源ケーブルのORACLE AC2を大変気に入って使っている。
そのMIT社から新しいシリーズが発売されたようだ。
まだ、日本代理店のHPには掲載はナイ。
米国MIT MAのカタログはコチラ
何でもマルチポールテクノロジーなる、録音時の音をそのまま再現できる?ネットワークを持つよーで、まあハイエンドケーブルにありがちな「アヤシサ」。
技術の詳細は例によって不明だが、写真にも載っているように、普通のケーブル?の71倍の性能だと堂々とうたっている。
見た目は、ケーブルの間にゼロハリのアタッシュケースがついたよーで迫力充分。
e0047038_8205963.jpg
近年、ケーブルは実売価格が下がっているよーに思うがこのシリーズのMITの価格は強気も強気。恐るべき価格だ!!

2.4mのオラクルMAスピーカーケーブルが280万!!!
1mのインターコネクトケーブルが80万!!

まあ、こうゆー狂気の沙汰なケブルが発表されるからオデオ業界も面白いわけであるが、スピカケーブルなどワーゲンゴルフが1台買えるのだから普通の人からすると超アホラシだろう。

とはいえ、拙者は興味津々。
どの程度の凄さなのか、ぜひとも聴いてみたいものだ。
特に280万のスピカケーブルは大変気になる存在である。
アホホ。
[PR]
by conrans | 2006-06-02 08:21 | オーディオ トップ▲
<< ムショ またまた体重PLUS >>