日記とオーディオネタ
by conrans
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2005年 12月 31日
大晦日!
今年は大晦日までお仕事!働き者には福来るなのであるムフフ。
明日から2006年ということで、どばっと大物オデオネタでゆきたいが、なにゆえその日暮らしの為にコモノで今年をしめくくりたい。

自分へのクリスマスプレゼントにAETのURDG110デジタルケブル(当然中古)を購入した。
これを愛用のACデザイン・コンクルージョン1.4Dmk2と聴き比べしてみる。
ACデザインはCOAX、AETはAES/EBU接続。DACのリモコン切り替えで試聴できるので詳細に比較が出来るのが楽しいウフフ。

今年の拙者ピアノトリオ部門堂々第1位、澤野工房のSO IN LOVE/ロバート・ラカトシュ・トリオでいざ試聴。このCDはほとばしるシンバル、踏ん張るベース、転がるピアノかつ高音質録音でオーケーフォーなのである。

ACデザインは、一言でいえば派手。シンバルもシュワーーーン、ベースもズドーーーンとくる。高解像度であるが音楽的なグッとくる感じもあり、コレはいいケブルだと納得。と、ここまで書いてじゃ、クリスマスプレゼントのAETはどうなのよ!なのだが、その前に価格比較であるがACデザインが6万。AETが12万で2倍の価格差。
拙者としたら2倍の音でなって欲しいところである。
しかし、師走のオデオはそうは鳴ってくれなかった。
AETはACデザインよりもレンジが広い音を聞かせたが、一言で言うと落ち着いた音調で地味な音だ。解像度はACデザインが上手で、AETは素材が銅線コッパーな生い立ちそのものの音というところだ。もっと高解像度を期待したんだけどなーーー。少々落胆。音楽をグッと感動的に抑揚をつけて聞かせるのはACデザインだった。オロロ。

ま、いいか。2本をオロロ、ムフフと使い分けるのもオツなもんだとぶつぶつつぶやきつつ、今年最後の晦日の夜は更けていくのであるサミシ。

皆様良いお年を!今年もお世話になりまスタ。
e0047038_18482553.gif

[PR]
by conrans | 2005-12-31 18:48 | オーディオ トップ▲
<< 2006年!! ELECTRAGRIDE! >>